サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
11月13日
現在の美容医療を取材!クリニック特集!vol.2
11月06日
フットバッグに挑戦!!
男を磨く情報TOP10
ぜひ写真に収めたい!!『日本の冬景色』を紹介!
新・贅沢図鑑『有名人の愛車・バイク』編!
満天の星空を堪能するアウトドア『天体観測』
芸能人肉体改造 武田 真治編
漫画に学ぶ男前 vol.62【鬼滅の刃:竈門炭治郎】
新・贅沢図鑑『最高級カレー』編!
贅沢図鑑『有名人の愛車・高級車』編!
キャンプにオフシーズンは無い!『冬キャンプの楽しみ方』を紹介!
大人の男の一人旅:”幻の都市”ブラックロック・シティを紹介!
男のファッション講座〜#12コロナウイルス・花粉対策〜
オトナの趣味道 > 趣味道「造形編」 > オトナの趣味道<造形編>:バットマン基地製作日記No.13
オトナの趣味道<造形編>:バットマン基地製作日記No.13
オトナの趣味の一つ「造形」。第2回目はバットマンの基地ジオラマを製作!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
こんにちは、ヒロシtype61です。
前回(D)の中央機器を制作しましたが、その最中に大事な物を作るのを忘れていたことに気づきました。
バットマンのエンブレムです。
参考写真にはないのですが、今回は緊急時にはサーチライトにもなる「バットサーチ」を制作していきたいと思います。
本来はバットマンを呼ぶためにFBIが使用する場合が多いのですが、良く似たライトが基地にもあるという設定です。
位置はエレベーターの上に設置したいと思います。

第1回目はこちら

まずは、サークルカッターで各パーツを切り出していきます。
バットマンのマークは1980年代に使われた円形デザインを使いたいと思います。

かなり大きめのサーチライトになりますが、スチームパンク的なデザインにしてみたいと思います。

エンジンの放熱フィンを連想させるディテールを使うとらしくなるので、円形にカットした切れ端などを利用します。

放熱板をライトの後ろに取り付けます。

次に正面のレンズ部分ですが、透明樹脂を使いたいので、差し込み式にし、取り外し出来るようにしておきます。

レンズの縁には銅製のリベットを打ちます。リベットは頭のみ使い、足の部分はニッパーでカットしています。

サーチライト部分が出来ました。エレベーターと同じように上下可動式にします。

続いて、サーチライトの上下・回転する駆動箇所を製作します。
最初にベースになる台座を作ります。

台座が出来たので、サーチライトを支える架軸を作り、回転式になるように中心部を決めておきます。

上下動が出来るように耳をつけますが、ジャンクパーツの中にある戦車の転輪と8mmのプラパイプがピッタリ合ったので、この転輪を耳にします。


プラパイプをライト側に接着し、固定します。戦車の転輪は接着しません。

転輪の方を台座の回転パーツに接着し、固定します。
これでライトは上下可動できるようになりました。

ライトには少しディテールアップを施しています。


続いて、上下回転部の基部もディテールアップします。

スケールモデルの新興メーカー「モンモデル」から最近発売になった六角ナットとボルトのセットです。基本スケールが1/35なので少し小さ目ですが、一番大きいサイズを使ってみます。
これは平板状の一体成型なのでカッターなどで削いで使います。

コトブキヤのジャンクパーツと合わせながら使いますが、それらしく見えて来ます。

台座部分もディテールアップします。

ライトは波板のプラ板などでディテールアップします。

次に、台座の基部がレールに沿うように3ヶ所駆動部を付けますが、少しでもズレるとレールにハマらなくなるので微調整しながら接着します。

ライト本体と合体させます。

何とか上手くハマりました。駆動部(モーターなど)のディテールなども入れたいと思いますが、本日はここまでです。



次回はスチームパンク色を強めたいので、もう少しディティールアップをしたいと思いますが、このあたりの作業は非常に面白いので、凝り過ぎないように注意したいと思います。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。