Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
02月27日
男前の愛車『シトロエン』
02月15日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.50
ビジネス&スクール > 男前達のベストセレクション > 第二回『シブいオトコが観るハードボイルド映画ベスト5』
第二回『シブいオトコが観るハードボイルド映画ベスト5』
魅力溢れる男たちが活躍するハードボイルド映画をランキング形式にして紹介!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
『男前達のベストセレクション』第二回は『シブいオトコが観るハードボイルド映画 ベスト5』
感情や状況に流されること無く芯を貫く男の生き様…。そんな魅力溢れる映画をネタバレしたい気持ちを抑えこんでランキング形式で紹介します!

5位 マルタの鷹

原作は1930年にダシール・ハメット氏が発表した同タイトルの小説。1931年、1936年、1941年と3度に渡って映画化されたベストセラー。
ハードボイルド小説の礎とも言われており、未だなお名高い人気を誇っています。
今回紹介するのは3度の映画化作品の中でも最もクオリティの高いといわれている1941年版。
監督はジョン・ヒューストン、主演はハンフリー・ボガード。ハンフリー・ボガードはこの映画をきっかけに数々のハードボイルド映画で活躍していきます。

映画のあらすじとしては私立探偵のサム・スペードが妹を危険な男から守ってほしいという依頼を受け、相棒のアーチャーにまかせたところ、その夜男とアーチャーが死亡していたことから始まる。依頼してきた女の隠された秘密、次々に巻き起こる事件、明かされる謎…。ハードボイルド作品の礎といわれるだけあって、シンプルかつ王道のシナリオです。
ハードボイルドを語るならこれを観なければ始まりません。ハンフリー・ボガードの男臭さが最高の1本です。

4位 殺しのテクニック

1966年イタリアとフランスによる合作映画。ニューヨークとパリを舞台に生きる殺し屋を描く、所謂マカロニ・ウエスタン、マカロニ・ノワールと呼ばれる作品達の代表作。
主演はロバート・ウェッバー、相方役のトニーは後々『続 荒野の用心棒』で主演のジャンゴを演じることになるフランコ・ネロ。

話のあらすじは、天才的な狙撃の腕前を持った殺し屋・クリントが引退を決め最後の仕事を終えたところ、組織のボスから裏切り者を始末して欲しいと頼まれる。クリントは一度は拒否するものの実の兄が襲撃の巻き添えにあい死亡してしまい、裏切り者セキの殺しを決意する。ボスから付けられた案内役のトニーとともにニューヨークからパリへ向かう。

序盤にクリントが狙撃の時にライフルを組み立てるシーンなどはルパン三世OVA『次元大介の墓標』にオマージュとして取り入れられており、殺しのテクニックを観た後に観てみるのも面白いかもしれませんね。

3位 ロング・グッドバイ

松田優作がこの映画に感銘を受け『探偵物語』、『ヨコハマBJブルース』を生み出すきっかけになった作品。
1953年刊行のレイモンド・チャンドラー作、フィリップ・マーロウシリーズ6作目『The Long Goodbye』が原作で、日本では2014年にNHKでドラマ化されており、浅野忠信さん演じる全5話の構成になっています。

主人公フィリップ・マーロウは、たまたま助けた宿無しの青年・レノックスと仲良くなり毎晩飲みに行くようになる。
実はレノックスは大富豪の娘と結婚しており、夫婦喧嘩で家を追い出されていたという。ヨリを戻したレノックスは家に戻るもある日慌てた様子でマーロウの元へメキシコに逃げる協力をしてくれ、とやってくる。マーロウはレノックスを信じ逃亡の協力をするが、実はレノックスの妻が殺害されており、その容疑者がレノックスだったのだ。釈然としないまま日々を過ごすうちだんだんと事件の全貌があらわになってくる…。
主演は『オーシャンズ11』のルーベン役を演じていたエリオット・グールド。

『さよならを言うことは少しだけ死ぬことだ』『撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ』などの名言が多く、台詞回しのひとつひとつに『男の格好良さ』が滲みでています。

2位 用心棒

言わずとしれた黒澤明監督の代表作。1961年公開の江戸後期を舞台とした時代劇。
ストーリーというよりは娯楽作品としての魅力を追求した、と言われており事実、登場人物がいきなりリボルバーを取り出してきたり、オシャレなスカーフを巻いていたりと、とにかく細かい考察より『カッコいいオトコ達がカッコよく立ち回る』を重点に置かれた映画です。

内容は三船敏郎演じる桑畑三十郎がある寂れた宿場町に立ち寄ったところ二つのならず者たちの集団が権力争いをしており、商売もままならない、という事らしい。食事の恩返しにと三十郎は、あえてならず者達の用心棒を買って出て…。という内容。

三十郎のいくら傷つけられようと弱きを守り、強きをくじくという芯の通ったオトコの格好良さを感じられる1本です。


1位 007 カジノ・ロワイヤル

1位は数々のシリーズ作品を出し、そのことごとくが名ヒットの007シリーズより21作目『007 カジノ・ロワイヤル』
この作品は原作でいうところのシリーズ1作目であり、今までの作品に比べカーアクションのシーンが少なく、ボンドのシビアさが目立つハードボイルドとしての魅力が多いのが特徴です。

主役のジェームス・ボンドを演じるのは6代目ボンド、ダニエル・クレイグ。
キャスティング発表直後にはアンチサイトまで出来てしまう等批判が多かったが、寡黙でタフなボンドを演じきりシリーズ最高の興行収入を達成。『ショーン・コネリー以来、最高のジェームス・ボンドだ』という評価を受けることになりました。

ストーリーはボンドがMI6を裏切った局長を殺し、シリーズタイトルともなる『00』の称号を得ることから始まります。
殺しのライセンスを得て最初のミッションは、国際テロ組織のネットワークを断絶すること。
組織の工作員のル・シッフルと接触したボンドはカジノで彼と超高額の賭けポーカーをすることに…。といった感じです。
『ハードボイルド』を象徴したかのようなジェームス・ボンド。カジノ・ロワイヤルだけと言わずシリーズ全作に男の魅力が溢れた映画です!

まとめ
『シブいオトコが観るハードボイルド映画 ベスト5』気になる映画はありましたか?
他にも紹介したい映画はまだまだありますがそれはまた別の機会に…。
今度の休みはハードボイルド映画を見てゆっくりと『男の魅力』を感じ、自分のオトコも磨いてみては?


LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。