Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
05月15日
大阪のソウルフード「たこ焼き」を徹底リサーチ
05月09日
男前へのトレーニング
ホビー&ライフ > 自動車・バイク・自転車 > 男前の愛車『シトロエン』
男前の愛車『シトロエン』
男前の愛車『シトロエン』を手にした男のメモリー
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
フランスの自動車メーカー「シトロエン」一度は耳にした事があるメーカーではないだろうか?

過去には、宮崎駿の愛車の2CV

街で見掛ける移動販売車のH(アッシュ)トラック

【宮崎駿の愛車2CV 個人事務所「二馬力」にて】

窒素を使ったエアサスと油圧を組み合わせた独自のサスペンション機構「ハイドロニューマチック」等

【Hトラックを改造した街角のクレープ屋さん】

色々と特色のある車を生み出した自動車メーカーから、1990年代に小型の大衆車として登場したのが「シトロエンZX(Citroën ZX)」でした。

【ハイドロニューマチックの乗り心地をイメージした シトロエンDS】

【フラッグシップモデル シトロエンXM】

この車は、それまでの水平対向エンジンやハイドロニューマチックなど、特徴有る機構を廃して一般的な金属バネを使いエンジンは親会社のプジョー306と共通の物を使用していました。
その為か日本ではイマイチ有名にならず、当時の販売台数は伸び悩んだそうです。

ZXとの出会い
1994年当時ユーノスロードスターが欲しく自動車販売店であるユーノス(現マツダアンフィニ)へ行きました。
その店では、ロードスターも展示してあったのですが隣にあるシトロエンXMの方が気になって見ていました。

当時の値段で500万円以上もする価格には、流石に手が出ませんでした。

そこで、店の営業マンに声をかけられて近々手頃な価格(とは言っても200万ちょい)で買える車が輸入されるとのことで、そちらの車を勧めてきました。

それが「シトロエンZX」でした。

見た目には、初代日産マーチを一廻り大きくした感じで、しかも右ハンドルと言わないとフランス車とは判らないです。

【(左)初代マーチの後ろ姿 と (右)シトロエンZX Coupeの後ろ姿】

しかし、乗って見ると柔らかいシートとロングホイールベースにサスペンションストロークで乗り心地は抜群でした。

が、しかし当時の品質は、イマイチで色々な所が壊れました。

簡単なところでは、サイドの窓が落ちる、ラジエターファンが外れたり、クラッチワイヤーが切れたり、友人のはオーディオから火が出る(リコール対象)とか上げるとキリがありません…

色々と手が掛かったのですが、何故かそれでも愛着がわく一台でした。

あなたの愛車は何でしたか?


LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。