Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
12月10日
MASASHIの恋愛失敗談
11月16日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.49
ホビー&ライフ > 映画・音楽・テレビ > 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』大阪舞台挨拶
映画『ビブリア古書堂の事件手帖』大阪舞台挨拶
映画『ビブリア古書堂の事件手帖』大阪舞台挨拶に黒木華、野村周平、三島有紀子が登壇。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
シリーズ累計680万部を突破した、三上延のベストセラー小説『ビブリア古書堂の事件手帖』を実写映画化。
試写会の公開記念舞台挨拶が10日大阪・TOHOシネマズなんばで行われ、ダブル主演を務める黒木華、野村周平、そして三島有紀子監督が登壇した。


ストーリー
五浦大輔(野村周平)は祖母の遺品から夏目漱石の直筆と思われる署名が入った「それから」を見つけ、鑑定してもらうため北鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」を訪れる。
店主である若い女性・篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りでありながら本に対して並外れた情熱と知識を持っており、大輔が持ち込んだ本を手に取って見ただけで、大輔の祖母が死ぬまで隠し通してきた秘密を解き明かしてしまう。
そんな栞子の推理力に圧倒された大輔は、足を怪我した彼女のために店を手伝うことに…
古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。
力を合わせてその正体を探り始めた二人は、やがて知るのであった。漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実につながっていることを…

公開記念舞台挨拶


登壇者の黒木華と三島有紀子監督が大阪出身である事に加え、野村周平は兵庫出身。
全員が関西出身という事から、普段はあまり使わないという関西弁が使われる和やかな舞台挨拶だった。

最初の挨拶では、今回初共演の黒木華と野村周平が―

野村「世間だと、うるさいとか少しチャラそうだとか色んな偏見がありますけども…絶対、僕みたいなタイプは嫌いだと思っていた、しかし優しくて僕の話を笑顔で聞いてくれました」


黒木「野村さんは、空気を読みながら相手に合わせて本当に気を使える人」とお互いの印象を話した。

野村が「ママ」と呼んでいた三島監督は―

「(野村に対して)すごい素直で、人に対して本当に優しい。チャラチャラしているように見えて、実は本当にいろんなことを考えていて気を使える人」とベタ褒め。
野村は「監督も今日素敵ですよ」と照れながら笑い交えて返答すると
三島監督「もうええね〜ん、ほんまいらんわそれ〜」と突っ込み、会場は爆笑。


それを見ていた黒木は「現場でもこんな感じでした…」と撮影現場での様子を語った。


そんなやり取りの中、野村が「(三島監督が)時には鬼になることもある」と自身の言動で怒られたことが多々あると話し、三島監督が「だって現場で、サザンの歌とか歌い出すんですよ。ありえなく無いですか?」と返し、野村は「しっかりと教育もしていただいて…」と微笑みながら恐縮していた。


映画に関係ない話になっていると野村が「映画の話しましょう!」と終始突っ込みをを入れながら進んでいった。

映画の話では、黒木演ずる栞子役の特徴的な仕草は黒木自身の癖から取り入れたことを、三島監督「クランクインの本読みのときから、ずっと恥ずかしそうにしながら耳に髪をかけていて。『お芝居ですか?』って聞いたら『いや、私の癖です』って言ってて、それが栞子さんっぽいと思い本番でもやってもらいました」と明かした。


また、三島監督「黒木さんは本を読む姿がとても美しく、活字の良さを伝えるのって本当に難しいんですけど、黒木さんがこの声で読むことによって、音符が見えるようで美しい言葉が届くんです。現場で感動しました」と絶賛していた。


豪華俳優人
黒木華、野村周平以外のキャストも豪華俳優陣が出演。大輔の亡くなった祖母・五浦絹子の若き日を演じるのは映画『海街diary』で日本アカデミー賞・助演女優賞を受賞し各界から高い評価を受ける個性派女優・夏帆。
そして、その絹子に惹かれる小説家志望の田中嘉男役には映画やドラマなど出演作が絶えない俳優・東出昌大が抜擢されている。

主題歌は4周年を迎えるサザンオールスターズ
主題歌は桑田佳祐が作詞・作曲した楽曲「北鎌倉の思い出」。
北鎌倉を舞台に時空を超えて行き来する、愛する人への想い…自然の美しい描写とともに情緒的に表現原由子の歌声が優しく包みこむ…

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』
2018年11月1日(木)公開
原作:三上延「ビブリア古書堂の事件手帖」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
監督:三島有紀子
出演:黒木華、野村周平、成田凌、夏帆、東出昌大
配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA
(C)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会
公式サイト:https://biblia-movie.jp/


LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。