Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
06月15日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.38
06月01日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.37
ピックアップニュース > ヘッドライン > OTOKOMAE NEWS〜男前ニュース〜Vol.65
OTOKOMAE NEWS〜男前ニュース〜Vol.65
今日の男前なニュースや情報をピックアップ!!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
西城秀樹は現代アイドルの“当たり前”を築いた


5月16日、西城秀樹が急性心不全のため逝去した。63歳だった。1972年に『恋する季節』で歌手デビューし、野口五郎、郷ひろみとともに“新御三家”の一人として活躍してきた西城。2003年、2011年に脳梗塞を発症するも、リハビリを重ねてステージに立ち続けてきた。西城が日本のアイドル史・音楽史に残した功績について、アイドル評論家の中森明夫氏が語った。


「60年代にもザ・ピーナッツや山本リンダさんといったアイドル的な歌手はいましたが、今に繋がるアイドルのカルチャーができたのは、野口五郎さんがデビューした1971年以降。72年春にデビューした西城さんは、球場ライブや武道館のソロライブ、コンサートでのペンライトやゴンドラの使用、ファンと一緒に振りを踊るなど、今では誰もが当たり前に思っているアイドル文化の礎を築いた人物。


40代以下の人にとっては『ちびまる子ちゃん』のお姉ちゃんが西城さんの大ファンというイメージも強いのでは。『ちびまる子ちゃん』は60年代半ば生まれの原作者・さくらももこさんの小学生時代を描いた作品で、彼はさくらさんたっての希望でエンディングテーマ『走れ正直者』を担当したこともあります。最近では時々見られますが、実在のアイドルがアニメに出てくるというのも当時はまずなかったことです」

【新御三家:左から、郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎】

70年代、西城は日本の音楽シーンにも新たな風を吹かせていくことになる。西城はともに新御三家と呼ばれていた野口や郷とはまた違った独自の雰囲気を持つ存在であったと中森氏は続ける。

「西城さんが本格的にヒットしたのは5枚目の『情熱の嵐』からで、その後『傷だらけのローラ』が大ヒット、1974年の『NHK紅白歌合戦』に“新御三家”の三人揃って出場しました。“新御三家”は“新三人娘(南沙織・天地真理・小柳ルミ子)”と共に芸能界に最初にアイドルという枠組みを作った存在です。60年代まではアイドルと言うより“スター”の時代で演歌や歌謡曲が多かったですが、70年代前半に西城さん含め若い歌手たちがアイドルポップスを作った。歌が上手くハンサムな野口さん、フォーリーブスの弟分で可愛らしい雰囲気の郷さんに対し、西城さんは野性的で不良っぽかった。今は当たり前になったワイルド系アイドルの始祖と言えるでしょう」

「アイドルというと山口百恵さんや森昌子さんのホリプロ、桜田淳子さんや松田聖子さんのサンミュージック、最近だとアミューズやスターダストやアップフロントのイメージですが、芸映は伴淳三郎東京事務所が前身で、アイドル的なプロダクションではなかった。しかし西城さんがスター的な存在になったことで、岩崎宏美さん、浅田美代子さん、河合奈保子さん、石川秀美さん、岸本加世子さんといった“芸映系アイドル”が輩出されていきました。兄と慕う“妹分”のようなアイドルが登場したことも考えると、西城さんは女性アイドルカルチャーにも大きく貢献した人物なのです」
その後、80年代には“たのきんトリオ”が登場。新御三家が芸名で活動していたのに対し、たのきんトリオは全員本名で活動をスタート。70年から80年にかけて、アイドルは等身大な存在へとシフトしていった。新御三家とたのきんトリオの間にはChar、原田真二、世良公則による“ロック御三家”も登場したが、西城はこのロック御三家にも影響を与えていたのではないかと中森氏は続ける。

「原田さんと世良さんは西城さんと同じ広島出身で、特に世良さんのマイクパフォーマンスは明らかに西城の影響を受けている。というのも、小学生の頃から兄とともにバンドを組んでいたり、ジャニス・ジョプリンやロッド・スチュワートを好んで聴くなど西城さんはロック好きでした。マイクを蹴飛ばすパフォーマンスも日本人で最初に始め、スタジアムコンサートを開催したのもロックの文脈からでしょう。西城さんはアイドルシーンにロック文脈のショーを持ってきた人物でもあるのです。反対にロック御三家は西城さんの影響下で、歌番組に出るようになりました。今はバンドがテレビに出るのも、アイドルがロックを歌うのも当たり前ですが、70年代前半にはほとんどなかった。それを独力で切り開いた西城さんは正真正銘のレジェンドです」


Village People「Y.M.C.A.」をカバーした「YOUNG MAN」が、近年でもBOYS AND MENやGENERATIONS from EXILE TRIBEらによって歌い継がれるなど、今もなお多くの影響を与え続けている西城秀樹。アイドルやポップミュージックを語る上では欠かすことのできない偉大な人物である。


LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。