サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
05月20日
偉大なる二枚目俳優「田村正和」の軌跡
05月18日
大阪上本町活性化プロジェクト
大阪の高品位な居抜き物件をご紹「射抜きNavi」
男を磨く情報TOP10
贅沢図鑑『サッカー・野球観戦』
女性和太鼓ユニット:びんか
世界一の『ワインコレクター』ミシェル=ジャック・シャスイユ
男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.16
新・贅沢図鑑『最高級実印』編!
夏期休暇に訪れたい『人気の動物園ランキング』を紹介!
男の履歴書 小泉孝太郎
イルカのように海中を泳げるアクティビティ『サブウイング』
男を磨け!長瀬漣のワンポイントテクニック!Vol.29
水中を自由に泳げる水中スクーター「WhiteShark MIX」
ピックアップニュース > ヘッドライン > OTOKOMAE NEWS〜男前ニュース〜Vol.59
OTOKOMAE NEWS〜男前ニュース〜Vol.59
今日の男前なニュースや情報をピックアップ!!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
D・クレイグが27億円で007ボンド役に復帰!!


007シリーズの主演俳優ダニエル・クレイグ(50)が、2500万ドル(約27億円)の超高額ギャラで次作品に復帰するとの報道が浮上した。

米ハリウッド業界紙バラエティーによると、クレイグの今回のギャラは、米2大アクション俳優たちの最近のギャラをはるかに超えているという。同紙によれば、ドウェイン・ジョンソンが2020年公開予定の新作「Red Notice(原題)」への主演で、2200万ドル(約25億円)のギャラが支払われる予定で、ヴィン・ディーゼルが昨年公開された「ワイルド・スピード ICE BREAK」への主演で、2000万ドル(約22億円)を受け取ったという。


クレイグは2015年、主演4作目となる「007 スペクター」(2015年公開)の撮影終了後のインタビューで、「(次作品に復帰するぐらいなら)手首を切ったほうがましだ」と語ったことで注目を集めた。


クレイグのボンド役復帰に関しては長い間、その動向に注目が集まっていたが、昨年8月、ついに米トーク番組で復帰を宣言。この時のインタビューで、ボンド役を演じるのはこれが最後であることを示唆し、「最後を華々しく飾りたい。演じるのが待ち遠しいね」と語っていた。シリーズ25作品目となる新作は2019年11月に公開となる。
男性ファンが多い007…しかも、D・クレイグの続投となれば今から興奮してしまう…


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。