サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
04月01日
男のファッション講座〜#8スーツに合わせるアイテム〜
03月25日
女性和太鼓ユニット:びんか
男を磨く情報TOP10
女性和太鼓ユニット:びんか
男のファッション講座〜#8スーツに合わせるアイテム〜
キン肉マン消しゴム&SDガンダム消しゴム【JUNGLE Youtu部】
秘密基地ライフ 1階コレクションルーム編【大人の秘密基地】
MASASHI no 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.62
男のファッション講座〜#7季節ごとのスーツの着こなし〜
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
モテる紳士の肉体改造〜50代からの男の体づくり〔自重トレーニング〕
簡単にできる隠し扉の制作【大人の秘密基地】
ミニプラ&スーパーミニプラ【JUNGLE Youtu部】
人物&インタビュー > 匠に学ぶ > 世界一の『匠』に学ぶ!世界一のバリスタ井崎英典さん
世界一の『匠』に学ぶ!世界一のバリスタ井崎英典さん
2014年、日本人で初めて「世界一のバリスタ」を決める大会で優勝した井崎英典さんから、仕事に対する意識や仕事術を学んでいきます!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
イタリアのリミニで開催された「2014 World Barista Championship」で、日本代表として出場した丸山珈琲・小諸店の井崎英典(いざきひでのり)さんが日本人初の優勝者となりました。

現在は丸山珈琲を退職し、自らコーヒーセミナーやバリスタトレーニングの為の会社"SAMURAI COFFEE EXPERIENCE"を設立しています。

今回は世界一のバリスタから世界に通用する仕事術を学びたいと思います!


生産者とお客さまをつなぎコーヒーの魅力を伝えたい

「コーヒーは人が作り、人が楽しむもの。1杯のコーヒーには生産者、バイヤー、輸出業者、焙煎人、バリスタなど、多くの人間が関わっています。私はこうしたコーヒーにまつわる物語を伝える、メッセンジャーでありたいと思っています。」

生産者とバリスタでよりよい関係性を築くことが、未来につながり、消費者のニーズを知るバリスタが生産者と一緒にコーヒーをつくることで、よりお客様に沿ったコーヒーを提供できます。生産者はその反応を直に感じ取り、次につなげることができるのです。

大学時代は国際文化や異文化交流について学んでいたという井崎さん。留学をはじめ多くの人と接し交流する中で、広い視野を身に付けるとともに、先入観を持たず人と接すること、柔軟な姿勢で向き合うことなどを学んだそうです。

ただ注文し使用するだけではなく、より密接に連携を取り、反応があればすぐに共有する。ビジネスにおいて最も重要な事ですね。
顧客のニーズをいち早く知ることにより、生産者との意識のズレを少なくし、より求められているものに近づけていく。世界一の栄光の裏にはこういった日々の細やかな気配りがありました。

「バリスタ」の地位向上

「例えば、テーラー、シェフは一流の職人として世界の皆様に尊敬されていますよね。バリスタが、そのように尊敬される職業として認められる努力をしてゆきたいです」

近年サードウェーブ系などコーヒーショップは増加傾向にありますが、まだ日本では馴染みのうすい「バリスタ」という職業。
現在は各地でセミナーを行い、コーヒーの美味しさを広めつつ、バリスタの認知度上昇に向けて日々活躍しています。

また、日本人バリスタとして外国人主流の業界の中で、どこまで活躍できるのかということにも挑戦していきたいとのこと。
「日本人」でいることが嫌な時期もあったという井崎さん。文化の違いや付き合い方の違いの壁を感じ、悩んだそうですが今ではそれをプラスに考えるようになりました。

日本人はおもてなしの精神、サービスに関しては世界でもトップクラス。そういった日本人ならではのホスピタリティのテクニックを世界に発信していきたいと考えることで吹っ切れたそうです。

世界で通用する『チーム力』

井崎さんが当時所属していた丸山珈琲の強みの1つは、オーナーやトレーナー、バリスタが一丸となった『チーム力』
そして、独自に海外のトップバリスタを招いた講習会を開催するなど、『世界基準』の考え方にもあると思います。

個人の力では限界がありますが、協力して一つの目標に向かうチームはその人数以上の力を発揮します。
それでも困難な壁があれば、慣習などにとらわれることなく、外部に協力を求め更なる高みを目指していくことで「世界に通用する人材」が生まれてくるのです。


スターバックスコーヒーやブルーボトルコーヒーの接客の丁寧さなど、昨今のコーヒーブランドのホスピタリティは話題になることが多く、その競争も激化しています。

サービス業だけでなく、どんな分野でも激しい競争の中を生き抜くためにはたゆまぬ企業努力とスタッフ一人ひとりの信念が必要といえるでしょう。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。