サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
05月20日
スプラウトダンススタジオ中津店
05月19日
偉大なる二枚目俳優「田村正和」の軌跡
インライフベース 理想のライフスタイルを求めてDIY/造形
男を磨く情報TOP10
懐かしき昭和レトロ:『スバル360』で振り返る昭和
第六回『人類史上最高の億万長者ランキングベスト5』
危険な職業『探偵』
アウトドア派?インドア派?女性に聞く恋人にするならどっち?
新・贅沢図鑑『珍しい肉』編!
夏期休暇に訪れたい『人気の動物園ランキング』を紹介!
コレクションに囲まれた真紅の寝室【大人の秘密基地】
男の履歴書 氷室京介
リラクゼーションマッサージ受けてみた!ヒップデトックス腕編
どこでも筋トレが行えるポケットサイズのフィットネスアイテム
オトナの趣味道 > その他 > 男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.12
男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.12
世界の謎に一歩踏み込み真実に迫ります!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
UFOと噴火
皆さんは、ポポカテペトル山をご存知だろうか?


ポポカテペトル山(スペイン語:Popocatépetl)メキシコのプエブラ州に存在する活火山である。山頂の標高は5426m。

メキシコの首都メキシコシティの南東約60kmの位置にそびえる活火山・ポポカテペトル山はUFOの目撃情報が特に多いことで有名で世界中のUFO研究家にとってのメッカである。

突如現れたUFOが、ポポカテペトル山の噴火口へと姿を消す様子を捉えた映像をニュース番組が公開し話題になった。


映像には巨大なUFOが、ポポカテペトル山上空から火口部へ入っていく発光体が映し出されていた。
ポポカテペトル山の火口から20km以内が飛行禁止区域に指定されていることから、火山周辺で目撃される発光体が航空機である可能性はない。
だとすると、たびたびカメラに映り込む光の正体とは一体何だろうか?

一部の研究家は、宇宙人が地球の地熱活動の研究をしている可能性があるという。



そしてこれまでに活火山とUFOとは密接な関係があるようだ…
日本をはじめ、世界各地で様々な目撃情報がある。


2014年9月27日、長野県御嶽山が噴火した際に出現したUFO。


2015年1月23日、噴火する桜島上空に出現したUFO。


2015年5月29日、鹿児島県屋久島町の口永良部島に出現したUFO。


2015年4月22日、約50年ぶりに噴火した南米チリのカルブコ火山に出現したUFO。


2016年4月24日、アメリカのイエローストーン火山に出現したUFO。


その他、活火山で数多くの目撃情報が上がる奇妙な発光体=UFO。

しかし、「UFO Investigations Manual(UFO調査マニュアル)」の著者であるUFO研究家ナイジェル・ワトソン氏は、英紙「Express」でこのような見解を表明している。

「UFOの活動と地球のエネルギーの関係は60年代のニューエイジ運動の頃から話題になり、70年代には本格的な調査も実施されるようになりました。カナダのマイケル・パーシンガーとギスレーン・ラフレニエールがUFO目撃情報と地震活動の相関関係についてまとめた調査では、地殻の構造的歪みによって生じた電気が上空で発光物体を形成することが分かりました」



このように、ワトソン氏はそもそも火山に出現する発光物体をUFOとは考えていないようだ。
しかし、プラズマを動力源とするUFOが火山から電気エネルギーを得るため、コリマ火山やポポカテペトル山に出没しているという見解もある…

現在ワトソン氏の意見がもっともらしいものだが、今一つ納得できない…。


火山に頻出する様々な形の発光体=UFOが、自然現象だと断言することは果たして可能だろうか?
その正体が解明される日は来るのだろうか…。





はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。