サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
07月03日
男のファッション講座〜#11梅雨・雨に向けた着こなし〜
06月19日
おもちゃ図鑑の図鑑04・05【JUNGLE Youtu部】
男を磨く情報TOP10
男のファッション講座〜#10正しいボタン留め方&コートのマナー〜
おもちゃ図鑑の図鑑04・05【JUNGLE Youtu部】
おもちゃ図鑑の図鑑01・02・03【JUNGLE Youtu部】
フレンチ料理体験!グランメゾン茨木〜Allegro le mariage〜
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
MASASHI no 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.62
女性和太鼓ユニット:びんか
秘密基地ライフ 1階コレクションルーム編【大人の秘密基地】
簡単にできる隠し扉の制作【大人の秘密基地】
リラクゼーションマッサージ受けてみた!ヒップデトックスデコルテ編
オトナの趣味道 > 趣味道「ボードゲーム編」 > 一体お前はナニモンじゃ!?大人のボードゲーム『ナンジャモンジャ』編
一体お前はナニモンじゃ!?大人のボードゲーム『ナンジャモンジャ』編
名のないキャラに名前をつけて早く呼ぶカードゲーム『ナンジャモンジャ』を紹介します!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
大人だからこそ面白いおすすめのボードゲーム紹介!略して「大人のボードゲーム」第11回!

今回はイラストも可愛くて、超簡単なルールで誰でもすぐに遊べるカードゲーム『ナンジャモンジャ』を紹介します!

ゲーム概要

『ナンジャモンジャ』は、自分たちの名前をすぐに忘れてしまう「ナンジャモンジャ族」という手足が生えた大きな頭のキャラクター達に、それぞれ新しい名前を考えてあげるカードゲーム。

そして、その名前をすぐに思い出せるように覚えておく必要があるので「記憶力」と「瞬発力」が鍵となります。
いち早く名前を呼べたプレイヤーに彼らは集まってきます。たくさんのナンジャモンジャ族を集めましょう!

プレイ時間は約15分。
2〜6人用で今回は3人でプレイしました。
それでは、早速遊びながら説明していきます!

準備・コンポーネントの確認
『ナンジャモンジャ』には2種類あり、「シロ」「ミドリ」があります。ルールなどは全く同じですが異なるナンジャモンジャ族が描かれています。

ナンジャモンジャ族のカードは1個につき全部で60枚。12種類のキャラクターが5枚ずつ描かれています。
「シロ」や「ミドリ」それぞれ単体でももちろん遊べますが、2つのパッケージを合わせた24種120枚で遊ぶことも可能です。

この場合であれば同時に12人まで遊べるので、大人数でワイワイ騒ぎたい時におすすめなのですが、残念ながら今回は3人なので「シロ」だけでプレイしていきたいと思います。

ゲームの準備ですが、カード全てを裏向きにしてよく混ぜてプレイヤーの中央に置くだけ。すぐに始めらるので、何度もプレイしたくなりますね!

遊び方・ルール
準備ができたら、じゃんけんなどで適当に順番をきめ、最初のプレイヤーからカードを1枚めくり表向きにします。
カードをめくったら出てきたキャラクターに名前をつけてあげましょう。

今回このキャラクターの名前は「イエローボブ」と名付けました。
名前の付け方は自由です。このキャラクターのように見た目の特徴で付けてもいいし、思いつきで適当につけても問題ありません。名付けたら全員に伝えます。
人によって付け方に個性やセンスが出るので名前を付けていくだけでも楽しいです。


名前をつけたら次のプレイヤーの番となり、同じようにカードをめくり名前をつけてカードを重ねていきます。また違うキャラクターが現れたので、新しい名前をつけてあげましょう。


ここで大切なルールが1点。注意するのは「めくり方」です。
全員に不公平がないように、カードを表にめくる際は、画像のように自分から見て奥側からめくります。
なるべく素早くめくり、全員が同時によく見えるように置くように心がけましょう。


おっ!再び「イエローボブ」が現れました!
こうして順番に従ってそれぞれに名前をつけていくと、すでに名付けられたキャラクターが現れる時がきます。そしたら、その名前を思い出して誰よりも早く名前を叫びましょう

一番早く名前を呼んであげられたプレイヤーは、それまで重ねられてきたカードをご褒美として受け取り、手元に表向きに積み上げておきます。

ゲームをプレイしていると全員がいち早く名前を呼んであげようと考えているので、誰が最初に叫んだかわからない場合が多々あります。
そういった時は、めくられたカードはそのままにして重ねていきます。

また、万が一どれだけ頑張って思い出そうとしても誰も名前を思い出せないという悲しいコトが起きる場合もあります。
その際は、誰でもいいので新しい名前を付けてあげましょう。


あとはこれを繰り返し、全ての山札がなくなったらゲーム終了。
最も手に入れたカードの多いプレイヤーが勝利となります。勝利者はナンジャモンジャ族達にとても好かれることでしょう。

レビュー

とにかく名前をつけるのが楽しい!
1回目は見た目で名前を付けることが多かったのですが、何度かプレイするとみんな慣れてきて名前に凝り出します。

例えば1回目のキャラクターにつけていた名前を別のキャラクターにつけるとか、明らかに赤色のキャラクターなのに「ブルー」という名前をつけるとか。
「スリジャヤワルダナプラコッテ」などの長い名前や噛みやすい名前のキャラクターが出てくるとまるで早口言葉大会(笑)
カードがめくられたら名前を呼ぶだけなのに、かなり熱くなってしまいゲーム終了時には疲労困憊です!

ただ、思った以上に名前が思い出せない!これも歳のせいでしょうか。子供とやったら完敗必至な気がします……。
冒頭でも言ったように「記憶力」や「瞬発力」を使うので、ボケ防止などにもいいかもしれません。

最後に今回遊ばなかった「ミドリ」の方のキャラクターをちょっとご紹介!

さて、あなたはこの子達にどんな名前をつけますか?

「シロ」「ミドリ」それぞれ単体でも購入可能ですが、両方がセットになった「ペアセット」も販売しています。
本当に簡単なルールで誰でもすぐに遊べるオススメのカードゲーム『ナンジャモンジャ』。ぜひ遊んでみてください!

ナンジャモンジャ「シロ」「ミドリ」
価格:1,400円(税抜)
プレイ人数:2〜6人
プレイ時間:15分
対象年齢:4歳以上
メーカー:すごろくや

ナンジャモンジャ

ナンジャモンジャ・ペアセット


ナンジャモンジャ


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。