Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
06月22日
渓谷を体ひとつで下るアクティビティ『キャニオニング』
「ブルーライト」の次は「イエローライト」カットのメガネが流行る?
06月21日
アストンマーティンとホーガンがコラボした「究極のスニーカー」発表
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.12
コラム > 編集部コラム > 内村光良、知念侑李登壇!映画『金メダル男』大阪・舞台挨拶レポ
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
内村光良、知念侑李登壇!映画『金メダル男』大阪・舞台挨拶レポ 2016-10-18
こんにちは。インライフ編集部のヤマセです。
2016年10月14日に行われた、映画『金メダル男』の舞台挨拶へ行ってきました!

2016年10月22日(土)より公開される映画『金メダル男』は、内村光良さんにとって3本目の監督作となります。
2011年に上演された一人舞台「東京オリンピック生まれの男」がベースとなっており、監督のみならず原作・脚本・主演の4役を務めた映画となっています。

また、内村とW主演で若き日の泉一を演じるのは、かねてより内村に似ていると評判だった(?)、Hey!Say!JUMPの知念侑李さん。波乱万丈の人生を送る泉一のパートナーとなるヒロイン・頼子を木村多江さんが演じるなど、驚きの豪華キャスト陣からも目が離せません。
そして内村の熱烈なオファーにより実現した主題歌は、桑田佳祐の書き下ろし楽曲「君への手紙」!

そんな純度100%の内村ワールドが展開される映画の公開に先駆け、大阪市内にて先行上映会と舞台挨拶が行われました。

舞台挨拶に登壇したのは、主役であるオトナ・秋田泉一役も務めた内村光良監督と、若かりしヤング・秋田泉一役の知念侑李(Hey!Say!JUMP)さん。
そして後半にはシークレットゲストも登壇し、作品の見所や撮影中の裏話などを語ってくれました。

まず最初に内村監督、知念侑李さんが、来場者に向けてそれぞれ挨拶を行ってくれました。


内村:皆さんこんばんは。映画楽しんでもらえたでしょうか。2回目には再発見があると思うので、公開したらまた観に行っていただきたいです。まだ感想とかを聞いたことがないのでできればつぶやいていただけたら、チェックしますのでよろしくお願いします。
脚本・監督・出演と一生懸命仕上げました、書きました、撮影しました。みんなに笑ってもらえたらなという思いで一心に挑んできたつもりです。本当に劇場で笑ってもらえたら最高です。

知念:皆さん本日はありがとうございます。今回が僕の初主演映画ということで、ほんとに最初はプレッシャーの中でやっていました。けれど秋田泉一という役をやって、いろんな変顔だったり笑いに挑戦したりしたことで、新しい自分の道を作ってくれた映画になったと思っています。本日はよろしくお願いします。

挨拶が終わると、まずは内村監督が今回の映画について語ってくれました。


「木村多江さんは漫才に挑戦してもらって、舞台に出るまで震え上がってたんですが上手く出来たかなと思っています。ムロツヨシ君もイメージとちょっと違うところもありましたがよく頑張ってくれました。土屋太鳳ちゃんの鳥のダンスが綺麗で、とにかく本当に達者な方たちばかりだったので、いい映画になったなと思います。」とキャストの方々のおかげで映画が完成したと喜びをあらわにし、この映画を見た人が今年1番笑ったと言っていただけると嬉しいと話してくれました。

特に今回の試写では、ムロツヨシさんの登場しているシーンで笑いが起きたということを伝えると、「安心しました。よかったです。」と観覧者の感想に胸をなで下ろすシーンも。

そんな内村監督の演出で印象に残ったところを知念さんに聞くと、「ココリコの田中さんに名刺をもらうシーン」だと話してくれました。
なんとこのシーン、田中さんには内緒で最後に一言付け加えたとのこと。そうしたらアドリブの方がよかったということで、なんとTake1でOKが。
そのため田中さんは、少ないシーンにも関わらず遠いところまで来てもらったのに、たったワンカットで仕事が終わって午前中で帰っていったという裏話も話してくれました。

そういった内村監督の演出を含め、コメディー作品での難しかったところをたずねられた知念さんは、「面白いシーンでも、何度も何度もそのシーンを見ていると笑いがなくなっていって、どれが今面白いのかわからなくなっていくところ」と返答。時にはTake12までかかったコメディーシーンもあったと内村監督も話していました。

コメディーシーンでは、内村監督直伝の歌舞伎顔や甲骨とした表情など、数々の変顔を披露した知念さん。「とにかく全力で一生懸命やってくれたら大丈夫だと丁寧にわかりやすくアドバイスしてくれたので、プレッシャーとなることなく演技できた」と話していました。

というところで、舞台にはさらにシークレットゲストが登場。
なんと内村監督が大阪で最も一等賞をあげたい漫才コンビということで、ダイアンの2人が登壇。会場をさらに盛り上げてくれました。

内村監督のことを「神様」と語るダイアンの2人とともに、ダイアンの「あのギャグ」を4人でやりましょうと提案。

知念さんが軽くギャグのポージングを練習すると会場からは歓声が起こるも、本家であるダイアン・津田さんがギャグをすると「HEPの観覧車の音が聞こえた」と相方の西澤さんがツッコミを入れるほど会場が静まるという面白シーンも。


そして観覧者も一緒に、全員で『金メダル男は…』「ゴイゴイスー!!!」という掛け声とともに、登壇者4人がギャグポーズ。その後、フォトセッションが行われると、ダイアンの2人は退場。一気に会場を盛り上げてくれました。

最後には「『ゴイゴイスー』をやってとても勢いがついたと思うので、たくさんの人に見てもらえると思うので、見た方々の中で一等賞を取れたらと思います」と知念さんが挨拶。

先日Hey!Say!JUMPのコンサートを観てきたという内村監督も、「バラエティーの知念しか知らなかったので、あんなにキラキラ輝いている子だと知りませんでした。そんなスター知念の初主演映画をぜひ応援してください。本当に一生懸命作ったので、友人・家族を誘いあわせの上、見ていただければ幸いです。」と締めくくってくれました。

ありとあらゆる一等賞を目指す男・秋田泉一が様々な試練に立ち向かっていく勇姿は、男性ならば自分のように応援したくなり、必ず共感できると思います。
そんな映画『金メダル男』は2016年10月22日に公開です!ぜひ劇場で観てみてはいかがでしょうか。

金メダル男
公式サイト:kinmedao.com
10 月22 日(土)より全国ロードショー
原作・脚本・監督:内村光良
出演:内村光良 知念侑李(Hey! Say! JUMP)
木村多江/ムロツヨシ 土屋太鳳/平泉成 宮崎美子/笑福亭鶴瓶
大西利空 大泉 洋 上白石萌歌 大友花恋 ささの友間 音尾琢真 清野菜名 竹中直人 田中直樹 長澤まさみ
加藤 諒 柄本時生 山崎紘菜 森川 葵 ユースケ・サンタマリア マキタスポーツ 手塚とおる 燗政宏 温水洋一(登場順)
製作:「金メダル男」製作委員会
配給:ショウゲート
(c)「金メダル男」製作委員会

■ 内村光良、知念侑李登壇!映画『金メダル男』大阪・舞台挨拶レポ
カテゴリ 【コラム】 編集部コラム
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
編集部コラム
インライフ編集部
出身
大阪府
インライフ編集部の編集者たちが、記者会見の模様や近況報告、ちょっとした雑記などを更新していきます。
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。