サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
09月23日
【ホットスポット】梅田スカイビル・空中庭園展望台
09月02日
男のファッション講座〜#13マスクについて〜
男を磨く情報TOP10
【ホットスポット】梅田スカイビル・空中庭園展望台
男のファッション講座〜#13マスクについて〜
おもちゃ図鑑の図鑑04・05【JUNGLE Youtu部】
フレンチ料理体験!グランメゾン茨木〜Allegro le mariage〜
女性和太鼓ユニット:びんか
秘密基地ライフ 1階コレクションルーム編【大人の秘密基地】
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
男のファッション講座〜#12コロナウイルス・花粉対策〜
モテる紳士の肉体改造〜50代からの男の体づくり〔自重トレーニング〕
MASASHI no 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.62
ホビー&ライフ > デジモノ・サービス > 大手格安SIMカードの性能を比較!そもそも「SIMフリー」ってなに?
 大手格安SIMカードの性能を比較!そもそも「SIMフリー」ってなに?
大手SNSサービス「LINE」も参入した最近話題の「SIMフリー」「MVNO」ってなに?「格安SIM」ってどこが一番いいの?通話料金は?などなど大手メーカーの格安SIMカードの性能を比較してみました!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
「SIMカード」「MVNO」ってなに?

「SIMカード」とは、スマートフォンや携帯電話に内蔵されている小さなICチップの事。これを挿すことにより、データ通信や通話が出来るようになります。

「MVNO」はこれらのサービスを提供している会社の事で、docomoやau、ソフトバンクなどがこれにあたります。
最近ではオンライン映像サービスの大手「DMM」や家電量販店の「ビックカメラ」などがMVNOとして、独自プランのSIMカードを販売しています。

格安SIMを使う時の注意点

現在販売されている多くのスマートフォン、携帯電話は前述のdocomo、auなどの通信会社の契約を通して売られています。

これらの場合、購入するときには各通信会社のプランを契約することが条件になりますのですぐに格安SIMカードを使うことは出来ません。
では、どうすれば格安SIMカードを使用することが出来るのでしょうか?

それは、ソフトバンクなどの通信会社を通さず新品、もしくは中古の端末を買う。
もしくは現在契約しているスマートフォンの契約を解除して使う方法があります。
こうすることで初めて格安SIMカードを使用することができるのです。

ただし、中古端末を購入する、自分で解約した端末を使う場合は注意点が存在します。
それは「一度docomo(au)回線を使用した端末はdocomo(au)回線しか使用できなくなる」という事。

新品の場合は問題ないのですが中古、使用済み品の場合は元々契約していた会社を確認しておかなければなりませんので注意してください。

じゃあ結局新品を買わなければ大手メーカーのものしか使えないのか?というワケではありません。
前述の「DMM」や「ビックカメラ」などで販売されているSIMカードは基本的に「docomo」の回線を使用しています。

他にもau回線を使用していたりするところもありますが大体はdocomo回線です。
これらに関してはどこの回線を使用しているかも記述しますので確認してみてくださいね。

ちなみに「ソフトバンク」回線を使用しているMVNOは現状ありませんので、現在ソフトバンクのスマホを使用されている方は新規購入か、docomo、auの回線を使用していた中古品を買うことをオススメします。

という訳でここからは各社SIMカードの性能、料金などを調べていきましょう!

各社の格安SIMカードを紹介

LINE MOBILE

提供回線:ドコモ
料金プラン
月500円(基本料金)
使用頻度等に合わせた料金プランを設定予定

2016年3月24日に発表されたばかりの「LINE MOBILE」。最大の特徴はLINE、twitter、Facebookなど大手のSNSサービスを使用した際の通信料が無料というところ。
最近では会社での連絡にグループLINEなどを使用する会社も増えていますので、連絡用に1台持っていると便利かもしれませんね。

発売開始は2016年夏からとのことですので今から要チェックです。

BIC SIM

提供回線:ドコモ

料金プラン
・LTE月3GBプラン:月額972円
・LTE月5GBプラン:月額1641円
・LTE月10GBプラン:月額2764円

大手家電量販店ビックカメラと通信会社IIJmio(アイアイジェイミオ)が組んだ格安SIM。
通信品質の良さに定評があり、格安SIMアワード2015では総合1位、格安SIM満足度ランキングでは2位を獲得するなど高い評価を受けています。

通信速度も安定しており、ビックカメラ店舗に行けばサポートも受けられますので初心者の方にはオススメのSIMカードです。

楽天モバイル

提供回線:ドコモ

料金プラン
・常時200kpbs制限プラン:月額567円
・LTE月3.1GBプラン:月額972円
・LTE月5GBプラン:月額1566円
・LTE月10GBプラン:月額2440円

楽天モバイルは通信速度も比較的速く、月額料金も割安。
楽天ショッピングサイトで不定期に格安スマホが割安に買えるキャンペーンをよくやっているので、新しい格安スマホを買おうと思っている人にもおすすめです。

OCNモバイルONE

提供回線:ドコモ

料金プラン
・LTE毎日110MBプラン:月額972円
・LTE毎日170MBプラン:月額1490円
・LTE月3GBプラン:月額1188円
・LTE月5GBプラン:月額1566円
・LTE月10GBプラン:月額2484円
・LTE月15GBプラン:月額1,944円

NTT傘下のNTTコムが手がける実質的にドコモ純正の格安SIM。CMなども大量展開されています。
サービスレベルは安定しており、2015年末現在、格安SIM業界における市場シェア1位を記録。

格安SIMは電波の受信できる範囲が少ないとよく言われますが、OCNモバイルONEは電波の届く範囲が広く、屋内や中継局の少ない地方でも十分に使用できます。

UQ mobile

提供回線:au

料金プラン
・LTE月3GBプラン:月額1058円
・LTE月無制限プラン:月額2138円

UQ mobileはau回線を使っています。
通信速度が桁違いに速く、速度も全時間帯で安定している通信品質が最高の格安SIMです。

月に使うデータ量が3GB以内の人はUQ mobileを第一候補にするのが良いと思います。auのスマホを持っている人に特にオススメの格安SIMです。

DMM mobile

提供回線:ドコモ

料金プラン
・常時200kbps制限プラン:月額475円
・LTE月1GBプラン:月額518円
・LTE月2GBプラン:月額731円
・LTE月3GBプラン:月額918円
・LTE月5GBプラン:月額1307円
・LTE月7GBプラン:月額2008円
・LTE月8GBプラン:月額2139円
・LTE月10GBプラン:月額2365円

スマホ初心者やライトユーザ、一般ユーザ等、幅広い層におすすめなのがMVNOのDMM mobileです。
月額料金が業界最安値レベルで、選べるデータ量の数は最多。

通信速度は比較的速めで、DMM自体でSIMフリースマホも販売されており、新規で一台契約しようと思っている方にはスムーズに手続きが出来ますのでおすすめです。

so-net 0SIM

提供回線:ドコモ

料金プラン
・データ専用プラン:0〜1600円
・データ+SMSプラン:150〜1750円
・データ+音声プラン:700〜2300円

インターネット通信会社so-netのSIMカード。最大の特徴は「通信料が500MBまでは0円」というところです。SMSプランや音声プランなどを選択した場合は基本使用料がかかってしまいますがデータ専用プランの場合は500MBまでなら通信料が無料となります。
普段wi-fiなどの利用が多い方には最適なSIMカードです。

いかがでしたでしょうか?
仕事やプライベートなど、使用スタイルに合わせたSIMカードを見つけ、無駄な支出を省いた節約生活を送りましょう!


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。