サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
09月23日
【ホットスポット】梅田スカイビル・空中庭園展望台
09月02日
男のファッション講座〜#13マスクについて〜
男を磨く情報TOP10
【ホットスポット】梅田スカイビル・空中庭園展望台
男のファッション講座〜#13マスクについて〜
おもちゃ図鑑の図鑑04・05【JUNGLE Youtu部】
フレンチ料理体験!グランメゾン茨木〜Allegro le mariage〜
女性和太鼓ユニット:びんか
秘密基地ライフ 1階コレクションルーム編【大人の秘密基地】
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
男のファッション講座〜#12コロナウイルス・花粉対策〜
モテる紳士の肉体改造〜50代からの男の体づくり〔自重トレーニング〕
MASASHI no 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.62
オトナの趣味道 > その他 > 危険な職業『探偵』
危険な職業『探偵』
ドラマや小説などで華麗に活躍する『探偵』実際にはどんな仕事をしているのでしょうか?また、給料はいくらくらい?気になる内容を調査してみました!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
探偵は、相談者からの依頼を受けて、さまざまな調査等を行う仕事です。
現在、探偵社に舞い込む依頼内容の7割程度は「浮気調査」だといわれています。
映画やミステリー小説のように、事件の全面に立って探偵が殺人犯を追うようなことは普通ありません。

しかしながら、多くの探偵社では浮気調査以外のさまざまなケースにも対応しており、依頼内容によっては、暴力団、闇金融、過激派団体…など、社会の陰に潜んでいる人たちに、あえてアプローチしなくてはらないこともあります。

探偵は、警察とは違って逮捕権もなければ、武器を所持することも認められていません。
そのため、命の危機にさらされるような行動は普通とりませんが、日常生活では見ないような場面に遭遇したり、社会のドロドロした部分にも触れる可能性はあります。

主な依頼内容

前述のとおり、依頼内容で最も多いとされるのが「調査業務」。なかでも男女関係に関するトラブルや身辺調査です。
そのほか、「お見合いの前に相手の素行を知りたい」、企業からは「雇用しようとしている人材の経歴、横領や不正、社員の生活態度、あるいは資金の融資先としての信用問題」を確認してほしいなどの依頼もあるようです。

日本の探偵は、あくまで調査業に関する民間業者の一つであり、業務のほとんどは、民事に関係したものとなっています。
つまり、警察や通常の警備会社では対応できない・してくれない分野を、個人的に合法的な探偵活動によって補うサービスともいえます。

犯罪に関係するものとしては、ストーカーや不審人物の調査と対策、職場や学校、家庭での虐待や暴力事件の調査保険金支詐欺関係の調査などがありますが、実際のところ、小説になるような凶悪事件に関わることはそれほど多くありません。

『探偵』に向いている人とは?

探偵というと、ドラマなどのイメージでは知性と推理力を尽くして犯人を突き止める印象がありますが、現実は華やかなものではありません。
むしろ泥臭く、普通の会社員と同じ資質が必要となります。

まずは体力、調査業のため、長時間の尾行や待機などが必要となります。
冬の寒い時や夏の酷暑にも負けず屋外で耐え続けたり、足が棒のようになっても我慢して動かなければいけない時もあります。
目的を突き止めるまでにあちらこちら歩き回ったり、調査のための重たい機材を運ばねばならないこともありますから最も重要な要素と言えるでしょう。

そして交渉能力です。調査でも多数の人々にあわなければならず、聞き込みなどでも情報を得ようと思えばかなりの交渉能力も必要になってきます。
初対面の人間から情報を引き出そうとするのは至難の業。話術だけでなく、いかに短時間で相手から信用を勝ち取れるかが重要です。
また、依頼人の願いや気分も読み取り、浮気やもめごとの仲裁などでは人間の心の動きにも敏感でなければなりません。

『探偵』は一般的な仕事

探偵というと怪しげなイメージを持つ人もいますが、今は法的な規制もあり、調査業というビジネスとして確立しつつあります。
待遇は事務所によってさまざまですが、一般的にそれほど悪条件というわけではありません。

ただし、どうしても勤務は不規則な時間帯となりますし、場合によっては時給換算では薄給になってしまう、体がきつい、休みが不定期になるなどの不満を持つ人もいます。
給与の額に関しては大手から零細までピンキリですので、平均的な年収を算出するのは難しいです。

一般的にイメージされているように、探偵事務所は一件の依頼あたりの料金は高めです。
浮気調査だけでも数十万要求されることがあります。こういう点で「探偵業は稼げる」と思っている人もいるようです。

たしかに、会社の営業力が高く、仕事の依頼が多いと、事務所の所長クラスであるならば年収が1000万円台に達するケースはあるようですが、しかしながら探偵業も実力社会ですので、高収入を得られるのは一部の人に限られます。

探偵は、警察が介入できない民事事件に対応し、依頼人の要望に応えるべく、さまざまな状況証拠を集めていきます。
尾行や張り込み活動を行う中で、万が一、ターゲットが刑事事件に巻き込まれるようなことがあれば、依頼人の了解を受けて警察に知らせることも行います。

先に述べたとおり、探偵は、常に危険にさらされる仕事ではありませんが、一般の人々からすれば特殊な存在であることも事実です。
もし探偵として働いていくのであれば、探偵学校で学んだりや探偵社での現場経験を通じて、「どこからが危険」「こういうケースではどのように行動すべき」といった探偵の知識やノウハウを、きちんと身に付けていくことが必要になります。




はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。