サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
04月01日
男のファッション講座〜#8スーツに合わせるアイテム〜
03月25日
女性和太鼓ユニット:びんか
男を磨く情報TOP10
女性和太鼓ユニット:びんか
男のファッション講座〜#8スーツに合わせるアイテム〜
キン肉マン消しゴム&SDガンダム消しゴム【JUNGLE Youtu部】
秘密基地ライフ 1階コレクションルーム編【大人の秘密基地】
MASASHI no 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.62
男のファッション講座〜#7季節ごとのスーツの着こなし〜
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
モテる紳士の肉体改造〜50代からの男の体づくり〔自重トレーニング〕
簡単にできる隠し扉の制作【大人の秘密基地】
ミニプラ&スーパーミニプラ【JUNGLE Youtu部】
ファッション > メンズファッション > テーラー寺本
テーラー寺本
本物のスーツはいい男を育ててくれる! 人は身にまとう衣装によって、高貴にも貧相にもなれるが、振り返ってみて自分はどうだろうか?
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
同店でも最高クラスの生地である「スキャバルのロイヤルオーブ」はイギリス製で、素人が触っても他の生地との違いが分かるほどの手触り。260万円
イタリア製の「エルメネ・ジルド・ゼニア」39万円。一般にゼニアの名称で有名なメーカーで、テーラー寺本には同社の社長から、博物館用にゆずってほしいと言われた生地も保管されている。
1964年創業の老舗テーラー「テーラー寺本」は、天然素材生地にこだわリ続けているオーダースーツ専門店。テーラーとは別の言葉で「ビスポーク」といい、話し合いという意味がある。その言葉通りお客様の話をじっくり聞く所から製作は始まり、その人のイメージにあう生地を提案してくれるので、「生地のソムリエ」と言うほうが分かり易いだろうか。

オーダースーツと言えば敷居が高そうな印象をお持ちの方が多いと思うが、最近では20代でも自分のセンスを究極に追求した一着を求める人が増えてきているそうだ。確かに自分の好み・外見にあった生地を選び、体のサイズにあわせて自分が納得出来るものを仕立てるのだから、スーツ(ファッション)にオリジナリティを求める人がいずれ行き着く先なのかもしれない。

そんなこだわる人達に、テーラー寺本が長く支持され続けている理由に、生地のほとんどがイギリス製の一点物(一部イタリア製の生地もある)で、仕入れた生地を温度・湿度等を徹底的に管理して1年以上寝かせてから使用するなど、生地に対して他の追随を許さないこだわりが挙げられる。40年以上もの長きに渡り、ファンの厳しい要望に応え続けてきた結果である。

スーツを新調しようと考えている方にとっては予算が気になる所だが、スーツ生地の価格は使用する繊維(ウールを採取出来る動物)の稀少価値によって変わり、繊維の糸が細ければ細い程価格は跳ね上がる。安い物で30万ぐらいの物から上は数百万するものまであるが、まずはお手頃価格の生地から、自分の為だけの洋服を作り上げる楽しさを知る事から始めるといいだろう。


◎30〜40代ではじめてオーダースーツを作る方へのお勧め

生地
ウール100%の30万ぐらいの生地。季節によって夏用と冬用のどちらかの生地を選ぶ方がよい

生地の色
年齢を考えると、いろんなケースで着こなせるグレー系の無地柄

仕立て
ダブルよりもシングルがお勧めで、多少流行も考慮し、少し上品な作りのデザイン。
仕立ても含む全て込み、一着上下で35万円ぐらいの予算

良いスーツを着ていると、自分に対して自信が持てるので、粋な大人の男になることを目指すのであれば、身だしなみにこだわって自分を磨き続ける事が大事である。


■ テーラー寺本
業 種 オーダーメイドスーツ専門店
カテゴリ 【ファッション】 メンズファッション
所在地 大阪市中央区西心斎橋2-7-9
エリア 心斎橋
電話番号 06-6213-5539
営業時間 9:00〜18:30
定休日 日曜・祝日定休日
H P http://www.tailor-teramoto.com/
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
オーダーメイドスーツ専門店
大阪市中央区西心斎橋2-7-9
06-6213-5539
9:00〜18:30
日曜・祝日定休日
公式サイトを見る
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。