サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
05月20日
偉大なる二枚目俳優「田村正和」の軌跡
05月18日
大阪上本町活性化プロジェクト
大阪の高品位な居抜き物件をご紹「射抜きNavi」
男を磨く情報TOP10
贅沢図鑑『高級アイスクリーム』編!
大人の男の一人旅:”死にゆく町”チヴィタ・ディ・バーニョレージョ
プロアーティスティックプレーヤー 江辺香織 インタビュー
男の嗜みvol.1:スーツの着こなし編
リビングのリノベーション【大人の秘密基地】
相席ラウンジに潜入取材
夏バテ解消!電子レンジでチンするだけの簡単スタミナ料理のレシピ
夏風邪に注意!風邪を長引かせない対処法5つ紹介!
男を磨け!長瀬漣のワンポイントテクニック!Vol.17
男の履歴書 氷室京介
ファッション > メンズファッション > ワンランク上のビジネスマン必見のおすすめビジネスシューズを紹介!
ワンランク上のビジネスマン必見のおすすめビジネスシューズを紹介!
「オシャレは足元から」
よく聞かれる言葉だが、それは普段スーツを身に纏うビジネスマンにも言える言葉。
今回は、ワンランク上の男が履く「高級ビジネスシューズ」をまとめて紹介!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
John Lobb(ジョン・ロブ)



『BECKETTS』
1849年にイギリスで設立された老舗高級紳士靴ブランド。
英国王室御用達で、革・生産技術などにおいて徹底した拘りを持っている。
価格帯は100,000〜200,000円となっているが、履いて納得の一生モノの価値はある。


EDWARD GREEN(エドワード・グリーン)



『Chelsea(202)』
世界の紳士達の憧れの一足として、ジョン・ロブと並び評価される、英国の名門シューブランド。
こちらも100,000円以上が当たり前の価格帯だが、追求された履き心地は、他の英国靴ブランドとは一線を画す存在だ。


Santoni(サントーニ)



『サイドゴアブーツ』
1977年、靴職人アンドレア・サントーニがイタリアのマルケ州で創業したブランド。
レザースニーカーブームなどを巻き起こしたことでも知られている同ブランドは、高品質でデザイン性の高いシューズを発表している。
画像は、編集部イチ押しのサイドゴアブーツ。
サイドゴア(靴の側面がゴムになっている)特有の包み込まれているような履き心地は、全くストレスを感じさせない。


Allen Edmonds(アレン・エドモンズ)



『Park Avenue』
セクシーさならヨーロッパ靴だが、主張し過ぎない硬派な男っぽさを引き立てるのがアメリカ靴の特徴。
このモデルは、レーガン、ブッシュなどが、大統領就任式に着用したことで有名な一足。フォーマルなシーンで最高に映える大人の革靴が、50,000〜60,000円台という値段設定も嬉しい。


三陽山長



『友之介』
日本の伝統職人の匠の技による物作りで、「和」をベースとしたブランド。
不動の人気1モデル『友之介』は、細身のスーツにピッタリ合う。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。