Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
10月11日
映画『ガリーボーイ』オリジナルグッズプレゼント
10月10日
映画『楽園』綾野剛、佐藤浩市、瀬々敬久監督が登壇 大阪舞台挨拶
ホビー&ライフ > 映画・音楽・テレビ > 2014年の本屋大賞が決定!過去の受賞作もまとめて紹介!
2014年の本屋大賞が決定!過去の受賞作もまとめて紹介!
全国の書店員が“今いちばん売りたい本”を決める『2014年本屋大賞』の発表会が4月8日に都内で行われ、和田竜の『村上海賊の娘』が見事大賞に輝いた。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿



著者の和田竜は、映画化もされた『のぼうの城』が、第139回直木賞の候補になるなど、時代劇・時代小説を専門とする作家だ。

ストーリーは、戦国時代に瀬戸内海を席巻した「海賊王」村上武吉の娘・景(きょう)が、信長に追い詰められ窮地に陥った本願寺を救うため、戦いに身を投じていく姿を描いた長編歴史小説。上下巻で1000ページ近い超大作ながら、上下巻で75万部を超すベストセラーになっており、今年3月には、第35回吉川英治文学新人賞にも選ばれている。




「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」というキャッチコピーのもと、全国の書店員たちの投票で決まる「本屋大賞」。
今年で11回目を迎えた同賞は、書店員が売りたい本を選ぶというシンプルな選考方法から、読者に近い感覚で親しみやすい娯楽性の高い作品が多い。

過去の受賞作は


2004年本屋大賞(第1回)
『博士の愛した数式』 小川洋子/新潮社





2005年本屋大賞(第2回)
『夜のピクニック』 恩田陸/新潮社





2006年本屋大賞(第3回)
『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』 リリー・フランキー/扶桑社





2007年本屋大賞(第4回)
『一瞬の風になれ』 佐藤多佳子/講談社





2008年本屋大賞(第5回)
『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎/新潮社





2009年本屋大賞(第6回)
『告白』 湊かなえ/双葉社





2010年本屋大賞(第7回)
『天地明察』 冲方丁/角川書店





2011年本屋大賞(第8回)
『謎解きはディナーのあとで』 東川篤哉/小学館





2012年本屋大賞(第9回)
『舟を編む』 三浦しをん/光文社





2013年本屋大賞(第10回)
『海賊とよばれた男』 百田尚樹/講談社





大賞の作品全てが、テレビドラマ化、ラジオドラマ化、舞台化、映画化、漫画化など、様々なメディアミックスがされている。
『村上海賊の娘』も近い将来、映画化、ドラマ化などに期待したいが、まずは是非、原作を読んでもらいたい。


LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。