サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
11月13日
現在の美容医療を取材!クリニック特集!vol.2
11月06日
フットバッグに挑戦!!
男を磨く情報TOP10
フットバッグに挑戦!!
男のファッション講座〜#12コロナウイルス・花粉対策〜
男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.13
新・贅沢図鑑『最高級カレー』編!
女性和太鼓ユニット:びんか
眠気を覚ます効果的な食べ物、薬などを紹介!
憧れのライフスタイルとは?【ライフスタイル】
漫画に学ぶ男前 vol.62【鬼滅の刃:竈門炭治郎】
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
隠し扉の奥にあるクローゼットルーム【大人の秘密基地】
ビューティー&ヘルスケア > マッサージ・リラクゼーション > 効果的で正しい睡眠の摂り方をまとめて紹介!
効果的で正しい睡眠の摂り方をまとめて紹介!
人間の一生のうち、1/3は睡眠時間だと言われている。健康的に生活するには、正しい睡眠の仕方を学ぶべきだ。
今回は「眠りが浅い」「すっきりしない」といった睡眠に関する悩みを持っているビジネスマン必見の、効果的な睡眠方法を紹介する。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿



睡眠は6.5〜7.5時間がベスト!

まず「睡眠時間を摂りすぎるとかえって害になる」ということを覚えてもらいたい。1日に6.5〜7.5時間の睡眠をとっている人が最も死亡率が低いのだ。逆に7.5〜8.5時間以上の睡眠をとっている人間は、前述の睡眠時間の人間と比べ死亡率が20%もアップのだという。


ぬるめの入浴から30分後の就寝がベスト!

睡眠の直前に入浴すると、入眠がしやすくなる。
眠気に作用する副交感神経が働く、お湯の温度38〜40℃のぬるめ、20〜30分程度浸かるのが良い。

「湯冷め」により体温が下がるにつれて入眠しやすくなるので、お風呂からあがった30分後ぐらいが、深い睡眠に効果的な時間だ。


リラックスした状態がベスト!

寝る前の30分間、ベッドで横になりながら思いっきりリラックスしよう。特に、モーツァルトの音楽は脳からα波が出るようになり脳がリラックスした状態になる。また、エリック・サティのジムノペディ第1番には、気分を落ち着かせる効果があるので、こちらも試してもらいたい。

また、深呼吸をするとリラックスした状態を作りやすい。ポイントは、「遠くにあるろうそくの炎を消すように」口をおちょぼ口にすぼめて、細く息を吐き出すと良い。

逆に、テレビやパソコンを見るのは、深い睡眠の大敵だ。ディスプレイの強い光の刺激は、脳を覚醒状態にしてしまうので、寝る30分前には消しておこう。


目覚めたら光を浴び、身体を動かすのがベスト!

起きたときに3000ルクス以上の強烈な光を浴びせることで、睡眠を促すホルモン(メラトニン)の分泌がストップし、脳の覚醒を促すホルモン(セロトニン)の分泌が活発になり脳が目を覚ます。この時に、少しでもいいから身体を動かすと、身体に血が流れて頭が冴えてくる。


しっかりと正しい睡眠方法をマスターして、仕事に、遊びに、よりアクティブになってもらいたい。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。