Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
07月20日
新・贅沢図鑑『有名人愛用の腕時計』編!
07月19日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.14
ホビー&ライフ > 施設・スポット・旅行 > 大人の隠れ家:ニューヨークの隠れ家バー「ザ バックルーム」
大人の隠れ家:ニューヨークの隠れ家バー「ザ バックルーム」
ニューヨーク・ロウワーイーストサイドで禁酒法時代の雰囲気を楽しめるもぐり的隠れ家バー「The Back Room(ザ バックルーム)」を紹介!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
ニューヨークにはたくさんの隠れ家バーがありますが、見つけにくいのはもちろん、あれこれチェックを受けないと入れないという面倒なお店も多いです。

そんな中、面倒なチェックも無くゲートを潜るだけで入れる隠れ家バー『The Back Room(ザ バックルーム)』を紹介します!



この先にバーがあるとは思えない入口。
このゲートを潜り、地下を真っ直ぐ進むとBack Roomの入口が見えてきます。
ドアの前にセキュリティの人が立っているのですぐに分かります。

細かいチェック等は無いものの、お店や他のお客に迷惑をかけそうな状態だと追い返されます。
まぁその辺りは常識の範囲内できっちりした風貌で行きましょう。

中に入ると、シックなアンティーク調の家具に、程よい暗さの照明といった隠れ家らしい空間が広がります。


このバーは、1920年代の禁酒法時代にも実際に、もぐりのバーとして営業していただけあって本格的な隠れ家バーの雰囲気が楽しめます。

店の奥には本棚のような隠し扉もあり、ミュージシャンがライブを行うこともあるそうです。

禁酒時代は隠れてお酒を飲むのはもちろん、人に見られたときもお酒に見えないような工夫が凝らされていました。

Back Roomでもその時代の名残を大切に受け継いでいます。


それがこちら。
なんとお酒がティーカップに注がれて出てくるのです。

これならたとえ顔が真っ赤になっていても、「俺が飲んでるのは紅茶だぜ。」と振舞えますね。

隠れた場所で隠れてお酒を飲むという雰囲気が楽しめるすごく素敵なバー。
週末はすこし混みますが、平日ならゆっくりくつろげます。

ぜひニューヨークに訪れた際は、禁酒法時代のお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

The Back Room公式HP
住所:102 Norfolk St, New York, NY 10002
電話番号:(212) 228-5098
アクセス:地下鉄JZM線 Essex St駅すぐ
営業時間:日曜〜木曜 19:30〜3:00、金曜・土曜 19:30〜4:00


LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。