Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
09月19日
男の雑談〜気になるニュース〜
09月17日
男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.2
人物&インタビュー > 匠に学ぶ > 『匠』に学ぶ!将棋ソフトPonanzaの開発者「山本 一成」
『匠』に学ぶ!将棋ソフトPonanzaの開発者「山本 一成」
AI(人工知能)の可能性を見出し、現役プロ棋士に勝利するほどの将棋ソフトを開発した山本 一成(やまもと いっせい)さんから仕事術を学びます!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
皆さんは「電王戦」という将棋の試合をご存知でしょうか?
プロ棋士とコンピューター将棋ソフトが試合をする大会で、世界中から注目を浴びている大会でもあります。

今回はその電王戦で現役プロ棋士から初勝利した最強将棋ソフトと呼ばれている「Ponanza」の開発者『山本 一成』さんから仕事術を学びます!

山本 一成(やまもと いっせい)


1985年生まれ、元々将棋が好きだった山本さんは東京大学在学中も、将棋部に所属しアマチュア5段の棋力を持つ実力者でした。

在学中、苦手意識を持っていたコンピューターを、得意な将棋と組み合わせて克服しようと取り組んだのが将棋ソフト開発のきっかけだったそうです。

将棋の腕に自信があった為、強い将棋ソフトができると思い、初めて作った将棋ソフトがとんでもなく弱かった事から「計算が得意なはずのコンピューターがどうしてここまで弱くなるのか」という疑問を抱き、ソフト開発にのめり込んでいきます。

AI技術の抱える問題


なぜ弱い将棋ソフトができてしまったのか?
それは人間自身が自分の考えをプログラムに落とし込めていない事が原因だと山本さんは考えます。

我々は普段、自然に話し、歩き、走っています。
ですがそれをどのように行っているかを言葉だけで説明することはできません。
「人間がもともと知っている事は言葉にできない」という前提を作ることでソフト開発が前に進み出しました。

そこで「将棋で機械学習」を行い、プロの指し手を真似し、プロの棋譜を覚えさせる事でソフトのレベルが格段に上がったそうです。

ポイントとなったのは棋譜を丸暗記させるのではなく、その棋譜の中で大事な局面の要素を抽出して覚えさせた事。丸暗記だと同じ状況にならないと良い手が打てませんが、要所ごとに覚えさせる事、汎用性を高め全体的な棋力向上へと繋げたのです。

こういうソフトを開発できる人って考え方がすごい。
失敗してもそこからヒントを見つける事が重要なんですね。

今後の展開


育て上げたPonanzaで現役プロ棋士を敗るという快挙を成し遂げた山本さん。
AI技術がどんどん進化していく中で、今後の人間とコンピューターの付き合い方をこう語ります。

「コンピューターは教えたことは完璧にこなすけど、逆に言うと教えたことしか出来ません。
人間社会にはルールがあり、それを伝えているつもりでも例外がたくさんあり、それを人間側が網羅出来ていない事で、コンピューターがその例外に躓いてしまうと抜け出せなくなります。

それを上手くサポートしてケアしてあげる事が大事なんです。
必要な事をしっかり教えてあげる事で人間の負担を減らす、分からない部分はまた教えてあげる。
お互いがサポートし合う事で、新しい社会システムを作っていけるはずです。」

これから先、コンピューターに仕事を奪われるという不安を感じている人も多いと思いますが、コンピューターに負けないよう人間が知識や技術を磨いていくことで、お互いが切磋琢磨し社会が良くなっていくのではないでしょうか。

人間同士だけではなく、コンピューターともしっかりとコミュニケーションを取る事で社会人としても上のレベルに上がれるのだと思います。


LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。