Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
07月18日
オーガニック食材を使ったお好み焼き屋さん!!『ABENO HUB』
07月12日
カウンターのある美味しい飲食店特集
ビューティー&ヘルスケア > ヘルスケア全般 > タニタから部位ごとの「筋質」を評価できる次世代体組成計が新発売!
タニタから部位ごとの「筋質」を評価できる次世代体組成計が新発売!
タニタから家庭用で初めて部位ごとの「筋質」を評価できる機能が搭載された次世代体組成計が発売します。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
こんにちは、ヤマセです。

寒くなってくると、出かけたり運動したりするのが億劫になってしまいませんか。
僕は日々軽くでも運動しないと、あっという間に運動不足になってしまうので簡単なトレーニングを寝る前にしたりしています。

ですが、個人でやっているとどうもルーティーンになってしまって実際に効果が出ているのかわかりません。
筋肉がどれだけついてきたかがわかれば、モチベーションも上がり、もう少しトレーニングに励めるというもの。

ということで、僕のように少し自身の筋質がどの程度なのか知りたいという方はもちろん、アスリートや普段からスポーツをされている方におすすめの体組成計が健康総合企業のタニタから発売されるので紹介したいと思います!


今回発売する新商品『RD-800』は、家庭用で初めて部位ごとの「筋質」を評価してくれる次世代の体組成計。
従来の体組成計は「筋質」を全身ひとまとめとして評価していましたが、今回の商品は右腕・左腕・右脚・左脚と、部位ごとに筋肉の質を評価してくれます。
筋質の変化を把握することで、効率的なトレーニングを実践することができます。

もちろん「筋質」以外にもコンディション管理に役立つ新開発の「脈拍測定機能」を搭載する他、業最多となる26項目を計測・表示可能となっています。
タニタ独自のアルゴリズムと組み合わせることで、従来の体組成計とは一線を画す測定精度を実現。
心肺機能のベンチマークとなる平常時脈拍数を把握できるほか、トレーニングの目安となる目標脈拍数などを確認可能です。


また対応アプリ『ヘルスプラネット』と連携することでスマートフォンで計測データを管理し、わかりやすいグラフやレーダーチャートなどのビジュアル表示でによって計測結果を確認できます。


発売日は11月11日。価格はオープンとなっています。

自身の体調管理を日々行うためには、自身の体のことをしっかりと把握することが大切です。
『RD-800』で精密な自身の体内状況を把握し健康管理を行いながら、効率のいいトレーニングを行いましょう。

【商品詳細】
RD-800
通信方式:Bluetooth® version4.0(Low Energy support)
登録人数:4人
電源:DC6V 単3形アルカリ乾電池(LR6)×4
電池寿命:約6カ月(1日に4回測定した場合)
寸法:約 幅 320mm × 高さ 57mm × 奥行 348mm
質量:約 2.8kg(乾電池含む)
生産国:日本
計測・表示項目:体重、筋肉量(全身・体幹部・右腕・左腕・右脚・左脚)、筋質点数(全身・右腕・左腕・右脚・左脚)、MBA判定※3、脈拍、体脂肪率(全身・体幹部・右腕・左腕・右脚・左脚)、BMI、体水分率、推定骨量、基礎代謝量、体内年齢、内臓脂肪レベル
商品詳細ページ:http://www.tanita.co.jp/content/innerscandual/rd800.html

ニタ 体重・体組成計

タニタ 体重・体組成計 インナースキャンデュアル スマホ対応 ブラック RD-903-BK

新品価格
¥18,240から
(2016/10/10 12:52時点)


ニタ 体重・体組成計


LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。