サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
05月15日
おもちゃ図鑑の図鑑01・02・03【JUNGLE Youtu部】
05月06日
フレンチ料理体験!グランメゾン茨木〜Allegro le mariage〜
男を磨く情報TOP10
女性和太鼓ユニット:びんか
フレンチ料理体験!グランメゾン茨木〜Allegro le mariage〜
おもちゃ図鑑の図鑑01・02・03【JUNGLE Youtu部】
男のファッション講座〜#10正しいボタン留め方&コートのマナー〜
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
秘密基地ライフ 1階コレクションルーム編【大人の秘密基地】
MASASHI no 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.62
ジャングル大解剖【JUNGLE Youtu部】
男のファッション講座〜#9良いスーツ&シャツの見分け〜
モテる紳士の肉体改造〜50代からの男の体づくり〔自重トレーニング〕
ホビー&ライフ > デジモノ・サービス > ついに発表!iPhone7、apple watch2のスペックをまとめて公開!
ついに発表!iPhone7、apple watch2のスペックをまとめて公開!
ついに公開されたiPhone7の最新情報をまとめて配信!カラー、耐水性、ステレオスピーカー、新機能「Apple Pay」Felicaに対応した「日本限定モデル」も登場!発売は2016年9月16日!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
どうも、編集部ハマサキです。
いやー、遂に公開されましたね「iPhone7」
個人的にもかなり楽しみにしており、カンファレンスを生中継で深夜に1人見ていました。

そこで今回はおサイフケータイのような「apple pay」対応の日本限定モデルなど、気になる情報を一気にまとめて紹介したいと思います。


まずは簡単なカタログスペックから。
本体サイズは現行機種であるiPhone6S、6SPlusと同じですが、どちらも4〜5グラムの軽量化がされています。
小さな違いではありますが、軽くなったのとは逆にバッテリーはより長持ちに。

iPhone7Plusの場合、連続通話時間はLTEだと6Sに比べて約2時間分増。
動画再生も同じく伸びていますが、音楽の連続再生時間は減少しています。
これはiPhone7の新スペック部分である「ステレオスピーカーシステム」が原因だと思われます。


今までiPhoneのスピーカーは本体下部に1つだけでしたが、iPhone7からは上部にもスピーカーが設置され、横向きにおいた時ステレオサウンドで再生されるようになっています。
それに加え、iPhone7からは普通のイヤホンではなく、充電ケーブルなどで使われている「Ligthning(ライトニング)ケーブル」接続や、Bluetooth接続が基本的なオーディオアクセサリーとして想定。

これらは音質は向上するものの、消費電力が増加するため音楽再生のみ連続駆動時間が低下しているのだと思われます。

ちなみに「普通のイヤホンしか持っていない!」という方のために、ライトニングケーブルから通常のジャックに変換できるケーブルがiPhone付属となっていますので安心してください。


そしてイヤホンといえば同時発表された「Air Pods(エアーポッズ)」
Bluetoothを使用した完全ワイヤレスのイヤフォンで、以前appleが買収した大手オーディオメーカー「Beats」の開発だと思われます。

専用ケースに収納することで充電を開始し、取り出すとデバイスとの接続を開始する仕組み。
30分の充電で5時間程度の仕様が可能ということで、今までのイヤホンより遥かに長持ちです。

光学センサーとモーション加速度センサーが搭載され、耳に装着すれば自動的にiPhoneと接続を開始。
ダブルタップでSiriを起動でき、プレイリストや曲の再生、音量調整などが行えます。

iPhone本体の付属となるかは現在まだ不明ですが、単体での販売価格は16800円を予定しているとのこと。
iPhone7だけではなく、iPhone 5以降、iPad mini 2以降、Apple Watch各モデル、第6世代iPod touch、macOS Sierraを搭載したMacにも対応しています。


お次はカメラ。
6Sでもその画質が高く評価されていましたが、7はそれを更に上回る形で登場。
背面のカメラは6Sと同じく1200万画素ですが、画面側は500万画素から700万画素に向上
2倍光学ズーム、10倍デジタルズームに加え手ぶれ補正などが強化されています。

そして7Plusでは背面カメラに広角と望遠の2つのカメラが設置。
被写界深度エフェクトが追加され、顔をはっきりととらえたまま、背景にぼかしの効果を加えられる、1眼レフカメラのような使い方も可能になっています。


そして今回最大の特徴であり、日本限定の機能が追加された「apple pay」
いわゆる「おサイフケータイ」の機能で、主要クレジットカードの他電子マネーをiPhoneから使用することが出来ます。
この機能は同時に発表された「apple watch Series2」にも配備されているとのこと。

しかしアップルウォッチに関しては個人的な感想ですが、時計は基本的に左腕につける方が多いので、アップルウォッチで駅の改札は通りづらそうだな、と思います。
日本の改札は基本右側にしか読み取り端末がありませんからね。
とはいえコンビニなどでの支払いももちろん可能なので、駅はiPhone、それ以外はアップルウォッチで、というのがよさそうです。


カラーは既存のシルバー、ゴールド、ローズゴールドに加え「ブラック」「ジェットブラック」が追加。
6Sでのデフォルトカラーであったスペースグレイは削除されました。

ジェットブラックは光沢のある艶やかなデザインで、ブラックはマットなデザイン。
どちらも高級感のあるデザインで、全面を覆わないようなケースとも相性が良さそうです。

ストレージは7が32GBと128GB、7Plusはそれに256GBのタイプが用意され、価格はSIMフリー版で7の32GBモデルの7万2800円から、7Plusの256GBモデルの10万7800円となっています。
この価格なら大容量のものを買ったほうがお得ですね。
最近はアプリでも1GBを超える大容量のものが増えていますので、使っているうちに32GBではすぐに埋まってしまう方もいるのではないでしょうか。


日本ではまだまだ大半のシェアを占めるiPhone、売り切れは火を見るより明らかなので、欲しいと思った方は必ずスグに予約しましょう。
iPhone 6s /6s Plusと7 / 7 Plus の仕様比較表を作りましたのでよければ参考に御覧ください。

iPhone7公式ページ
http://www.apple.com/jp/iphone-7/





はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。