Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
09月20日
必見!!長瀬漣の俺の口説き方Vol.5
09月19日
男の雑談〜気になるニュース〜
ファッション > 時計・バッグ・アクセサリー > 大人の男にぴったりのiPhoneケース『ブライドルシリーズ』!
大人の男にぴったりのiPhoneケース『ブライドルシリーズ』!
UNDER COOLED(アンダークールド)から英国の伝統皮革を使用した高級iPhoneケース『ブライドルシリーズ』が発売します。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
こんにちは、ヤマセです。
皆さんはスマホケース、どんなものを使っていますか?
僕は好きなイラストレーターの絵が描かれたケースを使っていますが、どんなケースを使っているかって人が出ますよね。

特によく見かけるのが、手帳型でICカードを入れておけるタイプのもの。ビジネスマンや交通機関を利用する人には重宝されていそうです。

そんな手帳型iPhoneケースに最高級のブライドルレザーを使用した新商品が登場したので、今回はそちらをご紹介したいと思います!

日本の職人が仕立てたプレミアムiPhoneケース

紹介するのは、選び抜かれた高級皮革を日本の職人が最高品質で仕立てるiPhoneケースブランド「UNDER COOLED(アンダークールド)」から登場した「ブライドルレザー」シリーズ。
時が経つほどに、自分らしいエイジングを重ねていき、唯一無二のオリジナルになるのが特徴です。


外装に使用されている「ブライドルレザー」とは、本来馬具用の革として、1000年以上前から英国貴族に愛されてきた伝統革。表面に何度もロウを塗りこむことで、繊維を引き締め耐久性が非常に高いのが特徴です。

表面には「ブルーム」と呼ばれるロウが白く浮き出ており、ブライドルレザーの証とされています。
使用しているうちに少しずつブルームは取れていき、美しい光沢のある表情へ変わっていく姿に愛着が沸くこと間違いなしです。


アンダークールドでは、英国の老舗のタンナー「トーマスウェア社」のブライドルレザーを採用。
1860年に英国で創業した同社のブライドルレザーは、完成までになんと約1年の時間をかけており、昔ながらの製法を頑なに守り作られる本物のブライドルレザーは世界的に高い評価を獲得しています。

耐久性も高く何十年と使用できるのですが、その分硬いため縫製が難しく、製品として使用するには日本の熟練の職人技術が必要不可欠です。

また、ケースの内装にはイタリアのオリーチェ社製オイルドレザーを贅沢に使用。自然のままの風合いを残して仕上げ、ケブラチョなどの植物の渋でなめされ、仕上げにはタンナー独自の配合からなる天然オイルをたっぷり加えます。

こちらのなめし革も非常に高い品質で、使えば使うほど味が出る美しい経年変化をもたらします。


こちらの商品は、まだ正式販売されていませんが、現在クラウドファンディングサイト「Makuake」にて2017年3月3日より先行販売を開始。
実売予定価格19,800円のところ、先着で13,800円や15,800円で購入が可能です。

対応機種はiPhone7及びiPhone7Plusの2機種。カラーはブラックのみとなっています。
2017年3月22日から4月25日にかけて、伊勢丹新宿本館2階に設置されたMakuakeコラボブースで展示されています。お近くの方は実際に手に取って購入を検討してみてもいいかもしれません。

最高級の皮革を最高の職人技で仕立てたまさに紳士のためのiPhoneケース。このプレミアムなアイテムをぜひ手に入れて大人の男を演出してみてはいかがでしょうか。

Makuakeページ
https://www.makuake.com/project/undercooled/




LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。