サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
11月13日
現在の美容医療を取材!クリニック特集!vol.2
11月06日
フットバッグに挑戦!!
大阪の高品位な居抜き物件をご紹「射抜きNavi」
男を磨く情報TOP10
リフレッシュに最適!仕事に対する考えを変えてくれる漫画10選!
男の履歴書 鈴木亮平
新・贅沢図鑑『最高級小型ボート』編!
世界一の『匠』に学ぶ!『世界一の怪力』ジョン・プリティキン
大人の隠れ家:断崖絶壁の隠れ家喫茶「瀞ホテル」
騙されちゃダメ!男性への”脈ナシサイン”を大紹介!
大人の隠れ家:オーロラを寝ながら見れるホテル『カクシラ・ウッタネン』
世界一の『匠』に学ぶ! 世界最高齢パイロット『高橋淳』
大人の隠れ家:雲海が見渡せる和歌山の隠れ家宿 霧の郷たかはら
常にチャンスを掴み取る!羽生結弦から男前を学ぶ!
ホビー&ライフ > 贅沢図鑑 > 新・贅沢図鑑『最高級泡盛』編!
新・贅沢図鑑『最高級泡盛』編!
熟成させることで価値が高まる泡盛。造り手の想いと歴史が込められた「最高級泡盛」を紹介します!!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
泡盛は長年熟成された物を古酒と呼び、価値の高まった物が多い為、お酒好きの人からも人気があります。

泡盛とは
泡盛の歴史は、15世紀ごろにタイから琉球に蒸留技術が伝わったのが起源とされています。
その後、琉球の気候に適した黒麹菌を加えたことにより、泡盛が誕生したのです。

原料となる米にはタイ産のインディカ米を用いることが多く、加工がしやすい為、泡盛は飲むだけでなく、沖縄料理の調味料としても使用されています。

また、仕込みに泡盛独自の製法があり、他の蒸留酒が2回に分けて仕込むのに対し、泡盛は1回で仕込み、これを「全麹仕込み」と呼びます。
その工程はタイ米と黒麹を使い米麹にし、それに水と酵母を加えてもろみにし、2週間ほどアルコール発酵させます。

2週間ほど発酵させたもろみを蒸留させると泡盛の完成ですが、この時に使用される蒸留機は「単式蒸留機」と定められています。単式蒸留機を使うことで、原料の風味をあますところなく蒸留酒に反映させる事が出来るのだそうです。

そんな原料にも製造方法にもこだわり抜かれた泡盛の中から、特にレアなものを『最高級泡盛』として紹介します!

國華93年製造限定版:250,000円


この「國華(こっか)」という銘柄の泡盛は、酒造所としての唯一の国指定の重要文化財でもある「津嘉山酒造」で今も造られています。

驚くべきはその製造回数。
津嘉山酒造では、お酒を造る上で建物や土地に住む菌の働きが重要であるとし、たった3人で造ることが出来る量だけを丁寧に造るために仕込みは月に2回しか行わないとの事。
年間を通しても製造本数が限られているので非常に貴重な1本です。

また、造っているのもこの「國華」のみだそうです。

海乃邦1977年製造:280,000円


「海乃邦(うみのくに)」は、沖縄返還に向けて泡盛を他県にも供給することを目的として沖縄県泡盛メーカー全社参加のもと設立された沖縄県酒造協同組合により開発・製造された泡盛です。

その後10年間の熟成を経て、沖縄で行われた海邦国体を記念して発売された古酒となりました。
2016年現在では39年物となり、歴史的にも非常に価値のある1本です。

かねやま1967年製造:300,000円


「かねやま」は創業者「山川宗道」の「どんな時でも古酒を寝かせておく事。いずれ古酒の時代が来る」という教えを守り、古酒主義を貫き続けている「山川酒造」により造られています。

市販された泡盛の中では最も長く熟成させたといわれる山川酒造の限定秘蔵40年古酒、「かねやま1967」は、蔵元出荷本数100本、シリアルナンバー入りの貴重な泡盛です。

現存、販売されているのは数本で、2016年現在では49年物となり、今なお熟成を重ねていると考えれば是非とも味わってみたい1本ですね。

まるたま1973製造:350,000円


「まるたま」は「北谷長老酒造」により造られた古酒です。
「よいものづくり」をモットーに大量生産をしない社風から生産本数が少ない為、価値が高まりました。

銘柄の由来は旧名である「玉那覇酒造工場」から分かりやすく親しみやすい名前という事で「○たま」とされ、ラベルにもその思いが込められています。

2016年現在で43年物になり、現存数も少なく、手に入れたら大事に飲みたい1本ですね。


いかがでしたでしょうか。
製造年数の浅い泡盛は手軽に手に入り、味わうことが出来ますが、古酒となると金額だけでなく巡り合わせのような運も必要になります。

泡盛は造られた当時の想いと一緒に熟成されます。
飲む機会があったら、当時の造り手の想いも一緒に感じる事ができるのではないでしょうか。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。