Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
12月07日
リラクゼーションマッサージサロン「BALI(バリ)」
12月05日
ラーメンカフェ ヨーローピープス〜一杯のラーメンが出来るまで〜
男を磨く情報TOP10
階段のリノベーション【大人の秘密基地ライフ】
ラーメンカフェ ヨーローピープス〜一杯のラーメンが出来るまで〜
第一回『格好いいオトコに似合う外車ベスト5』
どんなお酒もあっという間に熟成される魔法のボトルが登場!
探偵調査レポ:どの店がぴったり?日本橋に立並ぶメイドカフェへ潜入!
夏山、冬山、全てに対応する快適な登山ジャケットが登場!
満天の星空を堪能するアウトドア『天体観測』
大人の隠れ家:和歌山の山奥にある隠れ家レストラン「富夢想野」
男の本気D.I.Y.〜準備編〜
『GOETHE』通算100号は、EXILE HIROの肉体美に迫る!
ビジネス&スクール > 男前達のベストセレクション > 第十二回『一度は挑戦したい!世界の過酷なレースランキング5』
第十二回『一度は挑戦したい!世界の過酷なレースランキング5』
暑い季節がやってくると、何かに挑戦したくなる!そんな男前のあなたに!現実味ある世界の過酷なレースランキングベスト5
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
画像:Honolulutriathlon

暑い夏がやってきましたね〜。
そんな暑い夏こそ何かに熱くなりたい!そんな男前な方に現実味があり、挑戦したくなる【世界の過酷なレース】をランキングでご紹介します。

5位サハラマラソン (モロッコ)
その名の通りあのサハラ砂漠を7日間かけてゴールを目指す、世界で最も過酷なマラソンと言われています。

距離は約250キロあり、その間に使用する衣・食・住に関わる全ての物を自分で用意して背負い走ります。(但し、水は支給されます。)
開催時の平均気温は約35〜40℃で、日中は約50℃を超える事もあり朝方は18℃位まで冷え込む過酷な環境にもかかわらず毎年約80%を越える参加者が完走しています。

今年は第31回目で4月に行われ終了していますが、来年に向けて今からトレーニングしてみてはいかがでしょうか?
詳しくは、こちらでチェックして下さい。
http://www.darbaroud.com

4位トライアスロン(ウェールズ)
イギリス・北ウェールズのスノードニア国立公園で開催される、スイムが約7.7キロ、バイク約360キロ、ラン約83キロ、 合計約450キロの超長距離で最も過酷なトライアスロン

このレースで何が過酷かと言うと、スイムでは身も凍る冷たい湖を泳がなければいけません。しかし、バイク・ランは素晴らしい景色の中行われます。
(とは言っても、バイクは困難な丘の上で、ランはアップダウンの激しい道になっています…)

今年は、9月18日に行われるそうです。
詳しくは、こちらでチェックして下さい。
http://eu.ironman.com

3位北極圏レース(グリーンランド)
アークティック・サークル・レース=北極圏レースの距離は約160キロで参加者は3日間かけて雪の上を進むクロスカントリーのレース
その名の通り、北極線の北65キロで行われており何よりも寒さとの戦いになります。

夜は、マイナス30度の気温の中テントを張り過ごさなければいけないく、その際暴風でテントが飛んでしまう事もあるそうです。
因みにこのレースは、距離が約100キロの短縮コースや子供向けの距離が短いレースもあります。

今年は、4月に開催され終了しています。
詳しくは、こちらでチェックして下さい。
http://www.acr.gl

2位スパルタスロン(ギリシャ)
ギリシャのアテネからスパルタまで、約246キロの世界最高峰の長距離マラソン
この大会でキーとなるのは、暑さ。

ギリシャの気候は非常に乾燥しているので、湿度が高い日本とは違い、暑さに強い人でもギリシャでは脱水症状になってしまいます。なので、水分と同時に塩分の補給も注意しなければなりません。

ちなみに、日本人では関家良一氏が2002年と2009年で二度優勝していますし、女性のみのレースでは日本人女性ランナーも優勝しています。

今年は2016年9月30日(金)〜10月1日(土) に開催しています。
参加資格項目が、かなりありますので下記でチェックしてみて下さい。
http://www.r-wellness.com

1位トランスジャパンアルプスレース(日本)
パスポート無しで参加出来る日本の過酷なレースを1位でご紹介しましょう。
トランスジャパンアルプスレースと言い、日本海から北アルプス・中央アルプスそして南アルプスを通り太平洋までを8日間以内に走りきるレースです。(このレースは、走るというより登山ですね)

距離にして約415キロを、平均睡眠時間約4時間(以前優勝者は睡眠時間約2時間)・着替え等も気にしないで険しい山道を進みます。そうしなければロスが増えゴール出来ず、タイムオーバーになるからだそう。
その過酷さは有名で、8日間で富士登山を約7回分行う計算になります。参加者は約20名程です。

このレースは、2年に一度の開催で今年は受付終了しています。
なので、一度見て2年後参加されてはいかがでしょうか?
気になるこのレース開催日は2016年8月6日(土)〜8月14日(日) です。
参加資格などの詳細は下記をチェックして下さい。
http://www.tjar.jp/

まとめ
5位サハラマラソン (モロッコ)
4位トライアスロン(ウェールズ)
3位北極圏レース(グリーンランド)
2位スパルタスロン(ギリシャ)
1位トランスジャパンアルプスレース(日本)


いかがでしたでしょうか?世界の過酷なレース、体が熱くなったでしょうか?
他にも調べれば様々なレースがあります。
自分のペースで参加できるものや恋人・家族で参加できるものから始めるのもいいでしょう。青春時代を思い出して、熱くなるのもいいかもしれませんね。
私も、明日から走ってみようかな?


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。