サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
09月23日
【ホットスポット】梅田スカイビル・空中庭園展望台
09月02日
男のファッション講座〜#13マスクについて〜
男を磨く情報TOP10
【ホットスポット】梅田スカイビル・空中庭園展望台
男のファッション講座〜#13マスクについて〜
おもちゃ図鑑の図鑑04・05【JUNGLE Youtu部】
フレンチ料理体験!グランメゾン茨木〜Allegro le mariage〜
女性和太鼓ユニット:びんか
秘密基地ライフ 1階コレクションルーム編【大人の秘密基地】
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
男のファッション講座〜#12コロナウイルス・花粉対策〜
モテる紳士の肉体改造〜50代からの男の体づくり〔自重トレーニング〕
MASASHI no 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.62
ビジネス&スクール > 専門学校・スクール > Avalon Spiral
Avalon Spiral
GOMA da didjeridooに代表するアーティストの活躍により、その名を一気に知らしめている楽器「ディジュリドゥ」。その起源はほとんど解っていないということだが、約2万年〜5万年という説もあるほどの歴史を誇る世界最古の木管楽器である。魅惑の音色と複雑に絡み合う歴史背景を知れば、ディジュの魅力から抜け出せないぞ!?
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
オーストラリア北部、ユーカリの木が豊富に茂るアーネムランドなどの地域で伝統的に使用されていた世界最古の木管楽器。その成り立ちはいたってシンプルで、シロアリがユーカリをくり抜き、空洞化したパイプを楽器にしたというものである。
日本人ディジュリドゥ演奏者10人によるコンピレーションアルバム。今回取材にご協力頂いた三上氏も参加する他、オーストラリアのディジュリドゥ・マスターも参加。多岐に渡った音楽性を楽しむことができる1枚だ。
大正時代の長屋を廃材や流木などで新たに命を吹き込んだアトリエ「Avalon Spiral」では、さまざまな民族楽器を販売する傍ら、ディジュリドゥ教室を開講している。

店長である三上氏は日本ディジュリドゥ協会大阪事務局の運営に携わっている日本を代表するプレイヤーの一人である。そんな彼がディジュリドゥの演奏法はもちろんのこと、背景にある民族や文化についての説明も丁寧に行ってくれるアットホームな教室である。授業内容はいたってシンプルな対話形式で行われていくのだが、最初の難関である循環呼吸(サーキュラーブリージング)なども、すぐにマスターできるのだそう。ここ数年でその認知度も高まりつつある、いま話題の楽器をいち早くチェックすべし!


氷河期前には大陸同士がつながっており、オーストラリアのアボリジニーと日本人は同じモンゴロイドだったという。「ディジュリドゥをきっかけに、歴史背景に興味を持つようになった」と話す三上氏はその思いを現在のアトリエに反映させ、世界各国の民族楽器を取り扱うようになる。

一つの楽器に触れたことでさまざまな見識が広がり、多くの人々との交流が生まれていくということを伝えるべく、今後は“環太平洋モンゴロイド”ショップとして活動を行っていくとのこと。



三上賢治(ミカミ・ケンジ)
1965年大阪生まれ
音楽家・岡野弘幹氏の誘いで『グラストンベリーフェスティバル’93』の参加をきっかけに、本格的な活動をスタート。96年より天空オーケストラのメンバーとして活動し、脱退後の2000年にアバロンスパイラル設立、日本ディジュリドゥ協会大阪事務局の運営に携わる。


■ Avalon Spiral アバロンスパイラル
業 種 民族楽器販売
カテゴリ 【ビジネス&スクール】 専門学校・スクール
所在地 大阪市大正区三軒家東1-20-19
エリア なんば
電話番号 06-4394-2338
営業時間 11時〜19時
料 金 1回のレッスンにつき2,500円
交 通 各線「大正駅」より徒歩3分
定休日 日曜祝日(予約制によりOPEN可能)
H P http://www.avalonspiral.com/
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
民族楽器販売
大阪市大正区三軒家東1-20-19
06-4394-2338
11時〜19時
1回のレッスンにつき2,500円
各線「大正駅」より徒歩3分
日曜祝日(予約制によりOPEN可能)
公式サイトを見る
この記事を携帯で見る
日本ディジュリドゥ界の先駆者的存在の三上氏の演奏は上記をクリック!



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。