Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
02月15日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.50
02月01日
映画『半世界』稲垣吾郎・阪本順治監督 舞台挨拶in大阪
人物&インタビュー > 男の履歴書 > 男の履歴書 金子ノブアキ
男の履歴書 金子ノブアキ
金子ノブアキ
名 前 金子ノブアキ
出身地 東京都世田谷区
生年月日 1981年6月5日
血液型 B型
趣 味 NBA観戦 ゲーム 健康

本名は金子信昭。ロックバンド「RIZE(ライズ)」のドラムを担当している。
父は、ドラマーのジョニー吉長。母は、歌手の金子マリ。弟は、RIZEのベーシストKenKenこと、金子賢輔。

音楽一家に生まれたが、幼少の頃は子役として活動する。『ポンキッキーズ』や、『木曜の怪談』、『金田一少年の事件簿』などに出演。しかし金子自身は、子役時代に大人たちと仕事をするのが苦手だったといい、その中で育んだ反骨精神が、バンドへ走らせたきっかけになったという。

1997年、幼馴染のJESSE(ジェシー:ギタリスト・Charの息子)らと共にロックバンド「RIZE」を結成。2000年にシングル『カミナリ』メジャーデビューを果たすと、圧倒的な熱量で繰り出される怒涛のライブパフォーマンスが話題となり、リスナーからの圧倒的な支持を得た。現在までに17枚のシングル、8枚のアルバムをリリースし、日本のミクスチャー・ロックシーンを牽引している。

2009年、金子は自身のバンド活動の成長の為に、役者の仕事を増やすことを決意。ヒット作となった『クローズZERO II』に鳴海大我 役で出演。以後、テレビドラマや映画、バラエティー番組にも度々出演するようになり、RIZEのファン以外にも「金子ノブアキ」の名前が広く知れ渡るようになる。

2014 ドラマ「軍師官兵衛」‐櫛橋左京進 役
2013 映画「ストロベリーナイト」‐小林充 役
ドラマ「東京バンドワゴン〜下町大家族物語」‐堀田紺 役
2012 ドラマ「理想の息子」‐池田冬彦 役
2011 映画「モテキ」‐山下ダイスケ 役
ドラマ「おひさま」‐川原功一 役
2010 映画「BANDAGE」‐リュージ 役
2009 映画「クローズZERO II」‐鳴海大我 役
ドラマ「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」‐代々木廉 役
2003 ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」‐RIZE役
1997 ドラマ「いちばん大切なひと」‐結城一彦 役
1995 ドラマ「金田一少年の事件簿(秘宝島殺人事件)」‐クリス・アインシュタイン 役(金子信昭 名義)

ドラムの評価は当然高い。そして近年は、金子のルックスにも注目が集まっている。
アメリカ系のクォーターということもあり、目鼻立ちがしっかりとした、濃い目の顔。髪の毛や髭は、スタイリング誌で触れられるなど、ファッションアイコンとしても活躍。インタビューや舞台挨拶などで時折かけるメガネもチャームポイント。ワイルドさから一変、知的な印象を与えている。

ドラマーだけあって、均衡のとれた肉体も魅力的。
また、バンドメンバーのジェシーやKenKenのような刺青やピアスを、金子はしていない。

バンドマン・個性派俳優という肩書きながら、テレビゲームをこよなく愛し(これはRIZEのメンバー全員)、健康オタクであるという。

◎ 金子ノブアキへの道
月9、朝ドラ、大河と、役者として印象的な活躍を目にする機会が増えた金子。
しかし、役者として本格的に活動するにあたって、かなりの葛藤や、苦労があったという。

音楽が畑だった金子にとっての俳優業は、それまでのRIZEファンから懐疑的な目を向けられた。ただ、金子は「だからこそ音楽でも負けられない」と思うようになったという。

元々は役者として活動をするつもりはなかった。今では“役者業を通して周りの人たちの戦力になりたい”と考えているようだ。RIZEの「金子ノブアキ」からファンになるも良し、俳優「金子ノブアキ」からファンになるも良し。20代のツッパっていた金子では考えられない「自分にできることはなんでもやってみようと思って、芝居の仕事も挑戦し始めた」という決意表明は、本業をより充実するためのに、新しいことにチャレンジするという男前の決断だ。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。