サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
11月13日
現在の美容医療を取材!クリニック特集!vol.2
11月06日
フットバッグに挑戦!!
男を磨く情報TOP10
男のファッション講座〜#12コロナウイルス・花粉対策〜
フットバッグに挑戦!!
第十三回『まさに男の嗜み…葉巻<シガー>ランキングベスト5』
新・贅沢図鑑『最高級日本刀』編!
実録!長瀬漣の出会い系アプリを検証!!
隠し扉の奥にあるクローゼットルーム【大人の秘密基地】
漫画に学ぶ男前 vol.62【鬼滅の刃:竈門炭治郎】
独占!!ホビーショップ「ジャングル 空想的機械館-メカストア-」
キャンプにオフシーズンは無い!『冬キャンプの楽しみ方』を紹介!
【ホットスポット】梅田スカイビル・空中庭園展望台
ファッション > 時計・バッグ・アクセサリー > インク充填で半永久的に使えるおすすめの万年筆
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
公文書は万年筆だと決まっていたが、1970年代にボールペンのサインでも可能になってあまり見かけなくなった万年筆。
だが昨今、小物にも気を使う男性が増えてきており、サインに万年筆を使う人が増えてきている。
耐久性が高いのでインクを充填すれば孫の世代で使える上、万年筆ならではの独特の筆跡も受け継ぐことができる。
万年筆には興味があるがデザイン的にしっくりしたものを見つけられなかった人におススメの商品が発売される。

世界限定300本蒔絵技法「炭粉上げ」で虎と竹を描いた万年筆



このモデルは松煙と呼ばれる炭粉を盛り上げる「炭粉上げ」技法で絵柄を描いている。
全身黒軸の中心に書かれた「虎と竹」は、幾重にも炭粉を塗り重ね、立体感を出す蒔絵だ。
繊細な作業なので蒔絵師自身も息を殺しながら、手作業で一本一本技が施されている。
又、蒔絵のモデルでは初のスリップシール機構搭載キャップで、キャップを閉めていればインクを常時新鮮な状態に保ち、2年間使用しなくてもサラッと書き出せるメンテナンスフリーの使い易さだ。



<製品特徴>
 ●漆黒 闇鋭竹虎王図 万年筆 世界限定300本(胴にシリアルナンバー入)
 ●品番 PNB−80000T
 ●価格 80,000円(税抜)
 ●製品仕様 胴軸、キャップ、天冠、(AS樹脂に艶消し黒仕上げ)※黒蝋色漆で虎を盛り上仕上げ/グリップ部分(AS樹脂)/クリップ(ベリリウム銅にマットルテニウムメッキ)天輪、カバーリング(黄銅にマットルテニウムメッキ)
 ●ペン先 大型14金ペンにルテニウムメッキ(細字、中字、太字)
 ●サイズ 全長139.5mm×最大径Φ14.6mm 標準重量20.5g
 ●付属品 ※専用黒桐箱入※専用コンバーター付(クロームメッキ仕様、篆刻文字で「虎王」と表記)※黒ちりめん袋付


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。