Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
10月14日
エヴァー探偵社〜調査ファイル〜Vol.13
10月11日
映画『ビブリア古書堂の事件手帖』大阪舞台挨拶
人物&インタビュー > プロフェッショナルインタビュー > 成功者の金言 VOL.2 「関口房朗 Sekiguchi Fusao・後編」
成功者の金言 VOL.2 「関口房朗 Sekiguchi Fusao・後編」
 “ミスター大盤振る舞い”こと関口房朗氏。前編では彼の人となりについて語ってきた。この後編では、テレビなどではあまり見ることのできない、経営者としての一面を覗いていこう。ベンチャー起業の走りともいえる関口氏の経営哲学にはタメになる金言がいっぱい。普段我々がかいま見るお金持ちの姿ではなく、そこには厳しい一経営者の顔がある。最近の若手起業家たちと違い、紆余曲折を経て起業家として成功した関口氏の言葉だからこそ、より重みも増すというものだ。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
プロフィル
関口房朗(せきぐち・ふさお)
大阪府出身/1935.12.20生

東京工業大学非常勤講師
名古屋工業大学非常勤講師
長崎総合科学大学客員教授
財団法人ケア・インターナショナルジャパン理事長
USO(米国軍福利厚生団体)国際理事
社団法人京馬主協会理事
関口起業塾塾頭

<主な受賞歴>
1991年
紺綬褒賞、USO大使賞
2000年
ケンタッキー州名誉市民賞

 経営者・関口房朗を我々はほとんど知らないのではないだろうか? ニュースとして突然取締役社長を解任(1996年、株式会社メイテック)された、ということを知っているくらいでは。そんな関口氏の経営者としての言葉で最も感銘を受けたのが上記の金言「とにかく細い道を進め!」というセリフ。これはそういう心構えを持てということで、自分だけの道を探せということに繋がる。
 誰にも見える進みやすい道は多くの先人たちがすでに通っている。その道において追いつき追い越すことは至難の業である。本当のビジネスチャンスというものは、そんな道にはなくまだ誰にも見えていない、そして進んでいない細い道にこそあるというものだ。決して容易ではないが、そんなオンリーワン的な道の先にこそ、真のチャンスがあるということである。

 では実際、関口氏が通ってきた道とはどのような道だったのか?その経歴からひも解いていこう。場所は名古屋になる。幾度かの倒産という失敗を繰り返した後、1974年に「株式会社名古屋技術センター」を設立。そしてある事業形態をひらめく。現在では一般化した『アウトソーシング業』、このビジネス形態を確立させたのが、何を隠そう関口氏なのだという。
 仕事帰りにふと見上げると他社のオフィスビルには忙しいのか、まだ煌煌と明かりがついている。その光景を見たときにひらめいたのが、他社に自社の技術、知識を人材として貸し出すというアウトソーシング。ただこのひらめきも相手にまずは話を聞いてもらえなければ意味がない。入り口には新参者には高い壁”関係者以外の立ち入りを禁ず”の文字。ここで第2のひらめきによってこの問題をクリアする。それは現在でいうダイレクト・メール。当時はDMという言葉さえない時代。手紙なら立ち入り禁止の壁を越え相手に届くとひらめいた関口氏。大手メーカーの技術部長を100名リストアップし手紙を出すと、そのうち20社から問い合わせがあったという。ここから会社は好転し、トヨタ、三菱重工業といった大手と契約。そしてボーイング社にも招かれボーイング727、747の設計にも参加。『アウトソーシング』『ダイレクト・メール』という2つのひらめきが、経営者・関口房朗の現在の地盤を築いたといっても過言ではなかろう。
 そこで上記の金言である。しかし、ひらめいただけではダメなのである。ひらめいたらそれを実行しなければならない。そのための「常に三年先を見ながら歩く」なのである。先が見えていれば、どのくらいの先行投資がかかるか分かる。先が見えていればどんなことがあっても自分が決めた方針がブレることがなくなる。そして見えているからこそ、地に足のついた経営ができる。というのだ。

 では、その”ひらめき”とはどこから生まれるのか?それは決して”第六感”ではないという。また俗にいうカンピューターとも違うという。それは以下のことに気をつければ、誰でも生み出すことのできるものなのだ。
 関口氏は言う。そのひらめきを支えるものは「普段からの情報収集と、それを組み上げていく論理展開能力」だと。決して何もないところから生まれるものではない。どん欲な好奇心で得た様々な情報、そしてその情報が”生”あるものに生まれ変わる何かしらのきっかけ。そのきっかけを見逃さない集中力が大事なのだ。少しでも心にひっかかるものがあれば、3分でいいからそれについて考えを巡らせる。そうすることで、貴方にもビッグビジネスへの”ひらめき”を手にすることができるかもしれないと語っている。

 見た目からどうしても個性の強い人に思われるのは仕方ないだろう。数々の金言も関口氏だからこそ、実になったと思う方がいてもしようがないことなのかもしれない。だが思い出してほしい。順風満帆の起業家人生だったわけではない。その逆だ。幾度の倒産、そして裏切りを経て現在の関口房朗があるのだ。それは上記の金言の通り、確固たる信念があるからに違いない。我々のような大多数の人間は”真ん中”で妥協して生きている。しかし関口氏のように勝利のみを求める人こそ、果てなき成功へのゴールへと近づいていくのではないか。何度負けてもいい、勝利するまで決して諦めない。勝利するまで前進あるのみ。そう、成功とは成功するまで決して諦めず追い求める人間にだけ見えてくるゴールなのではないか。

〜参考サイト〜
「関口房朗公式サイト」
http://www.sekiguchifusao.com
〜参考文献〜
「バカになるほど成功する!!」関口房朗著/宝島社文庫
「金持学」関口房朗著/宝島社文庫
「赤っ恥学ー目立て!転べ!笑われろ!大富豪への黄金ルール」関口房朗/宝島社文庫


起業略歴
1953年 18歳の時、社員ゼロの自分一人だけで運送業を始める。2年後、倒産。
1955年 父親の経営する「関口工業技術株式会社」に営業として入社。
1960年 25歳、上京。のつもりが乗った電車の終着駅は何と名古屋だった。父の会社の機械を売り回る。
1963年 28歳、自分の会社である「関西精器株式会社」設立。 配電盤や制御盤などの制作、販売。
1973年 新製品の開発失敗、労働争議のストライキなどで「関西精器株式会社」倒産。
1974年 「株式会社名古屋技術センター」設立。
1985年 社名を「株式会社メイテック」に変更。
1987年 名古屋証券取引所第二部に上場。
1991年 東京証券取引所第二部に上場。
1996年 「株式会社メイテック」代表取締役社長を解任される。
1997年 「株式会社ベンチャーセーフネット」設立。
2004年 「株式会社VSN」設立。
2006年 株式会社ジャスダック証券取引所に株式上場。
2008年 「株式会社VSN」代表取締役相談役を退任。
LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。