サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
11月13日
現在の美容医療を取材!クリニック特集!vol.2
11月06日
フットバッグに挑戦!!
男を磨く情報TOP10
男のファッション講座〜#12コロナウイルス・花粉対策〜
フットバッグに挑戦!!
第十三回『まさに男の嗜み…葉巻<シガー>ランキングベスト5』
新・贅沢図鑑『最高級日本刀』編!
実録!長瀬漣の出会い系アプリを検証!!
隠し扉の奥にあるクローゼットルーム【大人の秘密基地】
漫画に学ぶ男前 vol.62【鬼滅の刃:竈門炭治郎】
独占!!ホビーショップ「ジャングル 空想的機械館-メカストア-」
キャンプにオフシーズンは無い!『冬キャンプの楽しみ方』を紹介!
【ホットスポット】梅田スカイビル・空中庭園展望台
ピックアップニュース > エンタメ > 男の雑談〜気になるニュース〜Vol.3
男の雑談〜気になるニュース〜Vol.3
最近あった気になるニュースで雑談タイム♪
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
SEXしたいタイミングや頻度が合わない
恋人や夫婦の間で、「SEXしたいタイミングや頻度が合わない」と感じることは多々あるようです。そんな時どうすればいいのだろう。という話題があがっていた。

女性側はSEXの内容でなく「したいタイミング」が合わないのは問題だという。

男女別の比較
日本の男女に「もっとSEXをしたいと思いますか?」という質問をしたところ結果は次の通り。
■「したい」
男性の75.2% 女性は35.8%
男性の「したい」願望は女性を上回る。

■「希望よりもセックスが少ないのはなぜですか?」
男女共に「相手がその気になってくれない(平均40.3%)」
20代・30代女性は「忙しくて時間がない・疲れている・機会が少ない」

特に、20代30代の独身女性の場合はSEXへの好奇心がありあまっているが機会がないという事が多いようだ。

では、この「したいタイミング」はどのようにすればいいのだろうか?
■メカニズム
男性の場合は比較的単純に「性的欲求」→「性的興奮」=「陰茎の勃起」→「オルガスム」になりますが、女性の場合は、性的欲求と性的興奮は必ずしもこの順番で進みません。性的欲求などなくても性的興奮することが可能で性的興奮が先で性的欲求が刺激されてくることもあるそうです。

■キス
男性はセックスにキスが必要とは考えていません。それに対し、ほとんどの女性はキスのないSEXはしたくないと考えています。(なので、ケンカ後に仲直りの手段としてキスだけをすることは望ましくない)

■性欲的に
大多数の男性は、最低1日1回セックスのことを考える。しかし、女性はその4分の1しか考えないそうです。
女性の性癖は、男性よりも複雑で同性同士のセックスを受け入れる能力を持っている。

以上の事を頭に入れて、考える…

どうしたらいいんだ!!
まぁ、タイミングはタイミングなので逃さないように注意しましょう!!



はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。