Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
09月22日
あなたの困ったを解決!教えます♪プチDIY♪Vol.2
09月21日
知ってる?「世の中の女の数は…38億」選りすぐり美女を徹底解剖!
ホビー&ライフ > 映画・音楽・テレビ > 間もなく公開の劇場版「エウレカセブン」舞台挨拶をレポート!
間もなく公開の劇場版「エウレカセブン」舞台挨拶をレポート!
東京・大阪で行われた『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の完成披露舞台挨拶をレポート!映画は2017年9月16日から公開!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
TVシリーズ放送から12年経ったアニメ「交響詩篇エウレカセブン」が劇場版三部作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」として新たに公開。

第1部は2017年9月16日(土)より全国ロードショーとなりますが、一足お先に行われた「完成披露舞台挨拶」の様子をレポートしたいと思います!

東京には主題歌を歌う「尾崎裕哉」さんがサプライズで登壇

9月5日(火)に新宿バルト9にて行われた舞台挨拶では、レントン役の三瓶由布子さんとエウレカ役の名塚佳織さん、京田知己総監督が登場。
サプライズゲストとして主題歌「Glory Days」を歌う尾崎裕哉さんも登壇しました。

トーク中では、映画本編の見どころのほか、12年という時を経て再始動した『エウレカセブン』の思い出や映画のこだわりなどが語られました。

尾崎裕哉さんは「伝説の英雄」と呼ばれた父親を持つ主人公のレントンと、「尾崎豊」という父を持つ自分を重ね合わせ、『エウレカセブン』という作品から感じたことを主題歌に込めたと説明。

新しいながらもなつかしく、劇中に出てくるリフボードに乗っているような爽快感が溢れ、歌詞には葛藤や背負っている運命、時代に対する想いなど、まさにレントンと尾崎さんの想いが込められた1曲となっています。

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』
こだわりのポイント

京田総監督からは、注目してもらいたい点として「今回の劇場版では『手書きのロボットアニメでアクションシーンを作る』という部分を一番こだわって作ってきた」とのこと。
30分近い戦闘シーンを手書きでこなし、アニメとしての表現にもこだわった演出がうまく作品に反映できたと説明。

大阪での挨拶では作品全体を通して色んな仕掛けをしていると述べ「1だけでも楽しめますが、1・2・3と続けて見ることでより楽しめるようになるんじゃないかと思います」と、第2部、第3部への期待をさらに大きくさせてくれる発言もあり、今後の展開も期待が高まります。

今まで語られることのなかったエピソードも

公式サイトでは予告ムービーも公開されており、懐かしくも待ち遠しかったキャラクターたちの様子が垣間見られます。

今までの作品でも単語だけは登場していた過去の事件「サマー・オブ・ラブ」や、レントンの父親である「アドロック」などが初めて語られる劇場版。
TV版とは違ったレントンの成長っぷりも今から楽しみですね!


【作品情報】
交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1
2017年9月16日(土)全国ロードショー

公式HP:http://eurekaseven.jp/

原作:BONES
総監督:京田知己
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一

主題歌:尾崎裕哉「Glory Days」(TOY'S FACTORY)

アニメーション制作:ボンズ
製作:バンダイビジュアル、バンダイナムコエンターテインメント、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、ボンズ、MBS
配給:ショウゲート



(C)2017 BONES/Project EUREKA MOVIE


LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。