サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
05月20日
偉大なる二枚目俳優「田村正和」の軌跡
05月18日
大阪上本町活性化プロジェクト
インライフベース 理想のライフスタイルを求めてDIY/造形
男を磨く情報TOP10
男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.10
第六回『人類史上最高の億万長者ランキングベスト5』
危険な職業『探偵』
大人の男の一人旅:中国の”仙人が住んでいた岩山”華山を紹介!
第一回『格好いいオトコに似合う外車ベスト5』
モテる紳士の肉体改造〜50代からの男の体づくり〔自重トレーニング〕
男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.11
悪酔いや二日酔いを防止する方法を紹介!
大人の隠れ家:バンコクの絶景を楽しめる隠れ家BAR「ザ・スピークイージー」
漫画に学ぶ男前 vol.46【BLUE GIANT:宮本大】
オトナの趣味道 > その他 > 大人の趣味道アーカイブ『トレイルラン』
大人の趣味道アーカイブ『トレイルラン』
ダイエットやフィットネスとして最近話題の「トレイルランニング」健康や体力増加にもいいトレイルランの初心者でも始められる道具や走る時のマナーを紹介!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
トレイルランとは

トレイルとは「未舗装路」のこと。つまり、未舗装路を走るのが「トレイルランニング」です。
一般的には通常のハイキングコースや登山コースを利用します。

平坦なトレイルを選ぶこともできますが、基本的には高低差のあるコースがほとんど。ロードのように舗装された道路でのアップダウンとは違い、かなりの落差があるコースも存在します。トレイルランニングのコースの難易度は距離だけではなく累積の高低差をあわせて考える必要があります。

ロードでは1キロ何分で走るかをペースの目安として考えますが、トレイルでは登りや下りがあるために、時間ではペースを計れません。目安として的確なのは心拍計を使い心拍数でペースを考えることですが、はじめはそんなに難しく考えず無理しない程度のペースで構いません

ただし山に入ったら自己責任。自分の身体は自分で守りましょう。
山に入る前には入山届けや山岳保険への加入。必要最低限の装備は持つようにしてください

必要な道具

トレイルランをはじめるにあたって最低限必要な道具を紹介します。

・シューズ
未舗装路を走る場合、足にかかる負担はかなり大きくなります。
適切な靴を選んで快適なトレイルランを楽しみましょう。

選ぶポイントは裏面のソール溝が深くデコボコしているシューズを選びましょう。
道が舗装されていないため地面をしっかりとグリップしてくれます。

下り坂を走る場合は、少し大きめのサイズだと指先に負担をあまりかけずに走ることができます。
あと、山は天候が変わりやすいため防水スプレーなども吹いておくといいですね。

履き心地はメーカーや種類によって様々ですので、自分の足に合った物を実際に履いて探してみましょう。

・ザック
トレイルランニング用のバックパックは大抵軽量に作られていますから、重さはさして心配しなくても問題ありません。
腰の部分にポケットがあるとサプリや携行食などを入れておけるので、走りながら補給できます。

一般的には12L程度の容量がトレイルランニングのザックとしては最適。
水や軽食料、雨具などが入る最低限のラインがこのサイズになります。

しかし冬場などで防寒着を入れる場合は20L程個人の練習などでは5Lあれば十分なので、用途に合わせて選びましょう。

・その他
トレイルランではサングラスが必須。木の枝や紫外線から目を守るため必ず装着しましょう。
あまり暗いレンズだと、暗い森の中だと見えにくくなるので注意が必要です。

万が一迷ってしまったときの為に地図、ヘッドライト、ホイッスルなんかも用意しておくとトラブルがあった時に便利です。

マナーを守って楽しく走ろう

トレイルランニングが好きになってしまった人ほど、気をつけているのが登山者や自然との関係。
ルールやマナーを守って、気持ちよく山を走らせてもらえる環境を作りましょう。

山では登山者同士のあいさつは常識。山でのマナーに従って積極的に気持ちよく挨拶を交わしましょう。
追い越したりする場合は後ろから突然声をかけると驚かれてしまう場合もありますので、遠くからわざと足音を立ててみるなど、状況に応じた判断をしましょう。

走るコースに関しては、登山道が過剰利用によって広がってしまうのを防ぐため、登山道以外の部分を走ってはいけません。
また丸太の階段などは、登山道の土砂の流出を防ぐ役割もあるので原則として脇の部分などを通らないよう注意してください。
狭い山道ですれ違うときには、基本的に「登ってくる人が優先」が山でのルール。下りでは足を止めて道を譲りましょう。

トレイルランナーはハイカーグループからの注目の的になることもあります。
せっかくならばカッコよく走りましょう!

トレイルの楽しみ方に決まりはありません。
山を仲間とハイペースなハイキングのつもりで走るのもいいですし、新しいトレイルを求めて地図片手にはじめてのコースを開拓するのも楽しいものです。

もちろん、山岳レースで日頃からトレイルで磨いたテクニックと知識、持久力を発揮してタイムを競うのもその一つ。

自然環境やハイカーに対するマナーを守ってトレイルランに出かけましょう!


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。