サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
10月16日
男のファッション講座〜#14シャツの洗濯方法について〜
10月12日
eyelash salon L&H(アイラッシュサロンエルアンドエイチ)
男を磨く情報TOP10
【ホットスポット】梅田スカイビル・空中庭園展望台
男のファッション講座〜#14シャツの洗濯方法について〜
ビジネスマンに使ってもらいたい高級傘をまとめて紹介!
独占!!ホビーショップ「ジャングル 空想的機械館-メカストア-」
贅沢図鑑『最高級名刺入れ』編!
女と観たい!長瀬漣のオススメ映画100選!!Vol.4
贅沢図鑑『有名人の愛車・高級車』編!
女性和太鼓ユニット:びんか
男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.11
第十回『映画に出てくる男前なお酒ランキングベスト5』
ホビー&ライフ > 施設・スポット・旅行 > 大人の男の一人旅:”幻の都市”ブラックロック・シティを紹介!
大人の男の一人旅:”幻の都市”ブラックロック・シティを紹介!
男性の一人旅におすすめの海外スポットを紹介!第2回目は"幻の都市"アメリカのブラックロック・シティをご紹介します!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
バックパッカーとなり、世界中を旅する…男の夢のひとつですよね。
今ひそかなブームとなり年々注目されている1人旅にお勧めのスポットを紹介していくコラム『大人の男の一人旅』

第2回目は、アメリカのプラヤ砂漠に出現する都市「ブラックロック・シティ」を紹介したいと思います。
驚くべきことになんとこの都市は、毎年8月下旬に1週間だけ突如出現する"幻の都市"なのです。

◆ブラックロック・シティの正体

ブラックロック・シティの正体は、1986年から続く『Burning Man(バーニングマン)』と呼ばれる巨大イベント。
何もない荒野のど真ん中に、世界中からイベントのシンボルである「The Man」を目指して人が集まり市民となり、扇状に市街を形成し1週間だけの都市をつくり共同生活を送ります。
イベントの最後には、「The Man」に火を放って完全に焼却し、街を形成していた全てのものも全て無に還し去っていきます。

参加者はBurner(バーナー)と呼ばれ、現在では毎回5万人以上の人がブラックロック・シティを訪れ、バーナーとして束縛もしがらみもない自由な生活を過ごしています。

◆ブラックロック・シティのルール
そんな自由なブラックロック・シティにも原則があり、参加するにはこの「バーニングマンの10原則」を守らなくてはなりません。それがこちら。
バーニングマンの10原則
1.誰にでもオープンであること
2.ギフト文化の推進
3.商業主義から脱却すること
4.徹底的に自立すること
5.自己表現を究めること
6.共に協力すること
7.社会人としての責任を果たすこと
8.あとを残さないこと
9.参加すること
10.現場での体験を大事にすること

このような原則の元、さらにブラックロック・シティでは、トイレと食料保存のための氷を除き、生活に必要な食料、水道、電気、ガスなどが整備されていない上にお金のやりとりは基本的にはNGとなっています。


このような環境だからこそ、真に自立でき、自己表現に没頭でき、思い思いの表現活動を行なうことができるのですね。




参加方法

会場となるのは、ネバダ州リノ市から北北東に約150km離れた場所にあるプラヤ砂漠の中心です。もちろん辺りには何もありません。

バーニングマンに参加するにはまずチケットが必要となります。開催年によって変動するようですが、価格は380ドル程度のようです。
ただし、販売開始から1時間もせず5万枚が売り切れる程の人気のため、なかなかなプレミアムチケットとなっているので、どうしても行きたいという方は随時情報をチェックしておきましょう。

無事にチケットを手に入れたら会場までの移動手段を確認しましょう。
東京からですと、成田発サンフランシスコ経由でリノ・タホ空港まで計12時間。そこから車で順調に行けば4〜5時間ほどで到着します。
会場が近づくにつれ、巨大なキャンピングカーなどでバーナーらしき人達が続々と集まる感じは、一種の世紀末的な雰囲気で男心をくすぐります。

◆ブラックロック・シティの楽しみ方

ブラックロック・シティは表現者や自由を愛する者にとってはまさに楽園です。
原則にもあるように、バーナーは見返りを求めない「GIVE & GIVE」の精神でいることを心に刻んでおきましょう。限られたものしかない場所だからこそ、助け合いが必要不可欠です。

その精神さえ忘れなければあとは楽しむだけ!
例えばエントランスゲートではバーニングマン初心者に対して洗礼の儀式があるようで、全員「私はもうバージンじゃない(英語)」と叫びながら鐘を叩いて鳴らすとか。
昼間に来た人は「お前はまだ汚れていないからBurner(バーナー)じゃない」、と砂漠の上をゴロゴロ転がされてからようやく入れたという話も(笑)

会場に入ると、もうあちこち個性的な衣装に身を包んだパーティーピーポーばかり。
思い思いにアート作品を展示したり、音楽を奏でたり、踊るもよし、ただひたすら参加者と交流するもよし。
そこには日本にいては決して体感できない"自由"があるでしょう。この"自由"を感じることこそが、バーニングマンの楽しみ方ではないでしょうか。

◆まとめ

1週間限りの幻の都市「ブラックロック・シティ」で行われるバーニングマンは隣人との助け合いや自然との共存という愛に溢れ、運営者・参加者達の"自由"への情熱と生命の躍動を感じる最高のフェスティバルです。
自由になりたい男の1人旅には、まさにぴったりの旅行スポットではないでしょうか。!


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。