サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
04月01日
男のファッション講座〜#8スーツに合わせるアイテム〜
03月25日
女性和太鼓ユニット:びんか
男を磨く情報TOP10
女性和太鼓ユニット:びんか
男のファッション講座〜#8スーツに合わせるアイテム〜
キン肉マン消しゴム&SDガンダム消しゴム【JUNGLE Youtu部】
秘密基地ライフ 1階コレクションルーム編【大人の秘密基地】
MASASHI no 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.62
男のファッション講座〜#7季節ごとのスーツの着こなし〜
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
モテる紳士の肉体改造〜50代からの男の体づくり〔自重トレーニング〕
簡単にできる隠し扉の制作【大人の秘密基地】
ミニプラ&スーパーミニプラ【JUNGLE Youtu部】
オトナの趣味道 > その他 > 大人の危険な職業 『マグロ漁師』
大人の危険な職業 『マグロ漁師』
時には命を落としてしまう事もある『危険なシゴト』。そんな仕事の内容は?給料は?一攫千金のチャンスがあるかもしれない知られざる職業を紹介!今回は"借金のカタ"でおなじみ『マグロ漁師』!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
マグロ漁師の仕事

マグロ漁師の一日は朝6時、ロープのような釣り糸を流すことから始まります。
2千本もの釣り針がついていて、長さは約100キロメートル。これだけ長い釣り糸ですから流し終わるのは6時間後、昼の12時近くになります。

そしてマグロが釣り針にかかるのを待つため、3時間停泊
この時間は漁師たちにとって貴重な睡眠時間にもなっています。

15時になったら流した釣り糸を巻き上げる作業を行うのですが、すべてが機械化されているわけではないので、かなりの部分を人力によって重いロープや浮き玉など、仕掛け一式を巻き上げなければなりません。

途中途中にマグロが揚がるのですが、釣り糸を全て回収し終わるのが、なんと12時間後の翌朝3時。このあとシャワーを浴び、2時間ほど睡眠をとり、また朝6時からのロープを流す作業に備えます。

つまりマグロ船の漁師たちの睡眠時間は最大でも5時間程度で、実働時間だけで17時間も体をハードに使って働いているのです。
漁師のなかでも「マグロは過酷すぎて別格」と言われています。

睡眠時間の少ない上、かなりの肉体労働を強いられるマグロ漁にはかなりの危険が伴います。海に落ちてしまう事はもちろん、針に引っかかって揚げられたサメやエイに噛まれたり、毒針を受けてしまうこともあるそうです。

借金のカタ?

よく漫画やドラマなどで、借金の返済が出来ない人に対して「マグロ漁船に乗ってでも返してもらう」なんて言われるシーンがあります。

マグロ漁船は重労働ですが高給取りの代名詞であった事、海の上と言う環境上、途中で脱走する事が不可能である事から、「売り飛ばす」先として最も都合が良かった事によるそうです。

しかし実際、借金のカタにマグロ漁船に売り飛ばされる事があり得るかと言うと、非常に疑わしい。
前述したように、マグロ漁船の仕事は非常に重労働であり、一般人を連れて行ったところでまるで役に立ちません

下手な素人を引き取って船に乗せても、仕事が全く出来ないのに追い出す事が物理的に不可能なので、そもそも船に乗せるとデメリットの方が大きい。
加えて、現在ではマグロ漁船に乗るには様々な経験・資格が必要なので、素人をマグロ漁船で働かせるのは違法になります。

従って、現実では借金を返せないからと言ってマグロ漁船に乗せられる事は無いと言っていいでしょう。

どのくらい高給?

以前はマグロと言えば日本特有の食材であり、マグロを食べるには日本人が自分で獲りに行かなければならなかったためマグロ自体が非常に高価であり、非常に高給でした。
一般乗組員クラスでも1回で1000万円を超える額の報酬が貰えていたそうです。

しかし今は良くてせいぜい500万円と言ったところ。船長クラスでも7〜800万円程度です。

何故マグロ漁船の収入が半分以下になっているのかと言うと、マグロが高騰しすぎたためにマグロの養殖が多く行われるようになり、天然ものに拘らなければマグロは割と安く手に入るようになった為です。

それに加え最近では日本以外の国でもマグロ漁を行うようになり、輸入のマグロが増加。出稼ぎにくる外国人労働者も増え、全体的な賃金が低下していることも理由のひとつです。

ちなみにマグロ漁船に一度乗ると無駄遣いをする場所が無いため、同じ額の給料を貰いつつ陸地で仕事をしている人に比べれば意外とお金は溜まるそうで。
ただし、無駄遣いできない環境が災いしてか、たまに帰ってくると物凄い勢いで遊んでせっかく貰った金をばら撒いてしまい、結局お金がたまらない人が少なく無いのだとか。


そんな過酷なマグロ漁師ですが、寿司屋などで天然のマグロが食べられるのは彼等のおかげ。養殖のマグロもおいしいですけど、やはり天然モノの味には敵いません。
危険な職業ではありますが、是非とも頑張っていただきたいですね。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。