サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
09月23日
【ホットスポット】梅田スカイビル・空中庭園展望台
09月02日
男のファッション講座〜#13マスクについて〜
男を磨く情報TOP10
【ホットスポット】梅田スカイビル・空中庭園展望台
男のファッション講座〜#13マスクについて〜
おもちゃ図鑑の図鑑04・05【JUNGLE Youtu部】
フレンチ料理体験!グランメゾン茨木〜Allegro le mariage〜
女性和太鼓ユニット:びんか
秘密基地ライフ 1階コレクションルーム編【大人の秘密基地】
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
男のファッション講座〜#12コロナウイルス・花粉対策〜
モテる紳士の肉体改造〜50代からの男の体づくり〔自重トレーニング〕
MASASHI no 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.62
オトナの趣味道 > その他 > 大人の趣味道アーカイブ『レーシングカート』
大人の趣味道アーカイブ『レーシングカート』
誰でも手軽に楽しめるモータースポーツ「レーシングカート」必要なアイテムやレンタル費用、楽しむ為の心がけなどを紹介!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
最も気軽に楽しめるモータースポーツ『レーシングカート』。
1度乗ってみてそのスピード感や難しさを知ると一気に世界が広がります。

今回はそんな「レーシングカート」の魅力や楽しむための費用を紹介していきたいと思います!

レーシングカートとは

レーシングカートとはもっともシンプルな構造の4輪マシン。
鉄パイプを曲げたり溶接したりして作ったフレームに、エンジンやタイヤ、シートといった走るために必要最低限のパーツを搭載した原始的な構成です。

しかし、そのシンプルさゆえに走りの楽しさは無限大で、週末ともなれば全国各地に点在するカートコースで毎週のようにレースが開催、世界中で多くのドライバーたちが楽しんでいます。
自動車免許などが無くても乗れるのも特徴ですね。

レーシングカートの魅力はなんといってもスリル!
普通自動車と違い、むき出しで乗車し、風を直接受け、ぶつかれば体も痛みます。
ハンドルは重く、カートと自分の体重を曲げている感が伝わってきます。
カーブを曲がれば遠心力の分だけGを体に受け、マシンと一体になり、コンピューターで制御することが多くなってしまった現代の車とは違った感覚を味わえるでしょう。

カートの車高はとても低く、地面スレスレを走行し体感速度は時速100km超
しかし実際には、長いストレートでも時速60kmくらいしか出ていなかったり。

フォーミュラドライバーへの登竜門

レーシングカートはれっきとしたモータースポーツの一角
"F1"を頂点とするカテゴリの中に分類されます。

実際現役F1ドライバーの大半はレーシングカート出身者
国内選手権、世界選手権も開催されており、そうしたステージでの活躍が、上位カテゴリーへのステップアップの足がかりとなっていくそうです。

また、現役F−1ドライバーでもレーシングカートをトレーニングに使用している人は多く、「上位カテゴリーに上がるほど、マシンの挙動はカートに近くなってくる」という現役F−1ドライバーの発言があるほど。

費用はどのくらい?

走行する時にはヘルメット・グローブ・シューズが必要ですが基本的にどこのサーキットでもレンタル可能。
サーキットでは、レーシングスーツや長袖の洋服、雨が降ればカッパまでもレンタルOKなところがほとんどです。

走行料金は一般的に時間制もしくは、周回制
周回制のレンタルサーキットでは、5周や10周毎に定額の料金を支払う形になります。

時間制の場合は10分3000円あたりが平均的な価格で、周回制の場合はコースの全長にもよりますが、よくある400〜500メートルのサーキットで5周2000円程度が一般的な価格となっています。

グローブなどのレンタル料は大体まとめて一日1000円程度のところが多いので3000〜5000円程度1日じっくり遊ぶなら10000円程度用意しておけば問題ないでしょう。

レンタルカートは「誰でも手軽にモータースポーツが楽しめる」のが最大の魅力。
しかし、どんなスポーツにも危険はつきもの。特にモータースポーツは、マシンを操るスピード競技なので、万が一の場合、その危険性は非常に高くなってしまいます。

実際、サーキットを走行するとアドレナリンが発生してしまい「自分の中に隠れている違う自分」が現れ、冷静な操作を見失ってしまうドライバーが多いそうです。

ドライバーは「危険な遊び」ということを常に認識し、ハンドルを握ることが大切。自分の技量を超えた無理な運転はしないでくださいね。

単独でタイヤバリアに接触する場合は、マシンも丈夫でドライバーも危ない目には遭いづらいですが、一番危険なのは他車との接触により他人を巻き添えにすること。

最初から速い人なんていませんから、焦らずゆっくり自分のペースで楽しみましょう!


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。