サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
05月20日
偉大なる二枚目俳優「田村正和」の軌跡
05月18日
大阪上本町活性化プロジェクト
大阪の高品位な居抜き物件をご紹「射抜きNavi」
男を磨く情報TOP10
贅沢図鑑『サッカー・野球観戦』
女性和太鼓ユニット:びんか
世界一の『ワインコレクター』ミシェル=ジャック・シャスイユ
男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.16
新・贅沢図鑑『最高級実印』編!
夏期休暇に訪れたい『人気の動物園ランキング』を紹介!
男の履歴書 小泉孝太郎
イルカのように海中を泳げるアクティビティ『サブウイング』
男を磨け!長瀬漣のワンポイントテクニック!Vol.29
水中を自由に泳げる水中スクーター「WhiteShark MIX」
住まい・インテリア > 家電・デジタル製品 > ソニーからお手ごろ価格のコンパクトサイズプロジェクタが登場
ソニーからお手ごろ価格のコンパクトサイズプロジェクタが登場
最大80型サイズの投影が可能なシンプルなデザインのプロジェクタが登場。2/13より発売予定
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
ソニーから壁際やテーブルに置いて最大80型の映像を映し出せるポータブル超短焦点プロジェクタ、『LSPX-P1』が2月13日より発売されます。

住空間になじむシンプルなデザインを目指し、スマートなスクエア型筐体にソニー史上最小を謳う超短焦点レンズ、スピーカー、バッテリをすべて内蔵。それでいて重量は930gと今までのプロジェクタとは比較にならないほどの軽量さを備えています。

投写にはソニーが独自開発した小型の超短焦点レンズを使用しており、壁にプロジェクター本体をくっつけた状態でも、22インチの画面を投写することができます。
壁からプロジェクター本体までの距離によって投写画面のサイズを変えることができ、壁から30センチ程度離せば、80インチの大きさで映すことが可能です。


壁だけでなく、テーブル面や床にも映像を投写することが可能。
buletoothで同期させることによって、スマートフォンに入っている写真や動画をテーブルに出して、家族や友人と囲んで見たり、デスクで手元の空いたスペースに好きな映像を出して楽しんだりすることができます。
また、本体に搭載されているセンサーによって、テーブルやデスクに置いた時にプロジェクターの投写画面が見やすいよう、画面の向きやピントを自動で調整してくれます。
壁際に置けば投写映像に人の影が映り込まないので、通路を妨げることはありません。


本体の操作はスマートフォンの専用のアプリで行い、専用リモコンは不要。
アプリを使えば時計や天気、お気に入りの映像を表示しておけるポスター機能などが使用できます。またBluetooth Low Energy(BLE)を搭載しており、登録しているスマートフォンが近くにあれば自動的に電源がONになり、離れればオフになるので、電源の切り忘れやわざわざ電源スイッチを探す必要もありません。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は93,000円前後。

持ち運びしやすく、豊富な機能を備えながらも10万円を切る価格は魅力的。寝室、リビング、自宅のどこに置いても活躍する製品です。

sony LSPX-P1
http://www.sony.jp/video-projector/products/LSPX-P1/


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。