サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
05月20日
偉大なる二枚目俳優「田村正和」の軌跡
05月18日
大阪上本町活性化プロジェクト
大阪の高品位な居抜き物件をご紹「射抜きNavi」
男を磨く情報TOP10
贅沢図鑑『サッカー・野球観戦』
女性和太鼓ユニット:びんか
世界一の『ワインコレクター』ミシェル=ジャック・シャスイユ
男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.16
新・贅沢図鑑『最高級実印』編!
夏期休暇に訪れたい『人気の動物園ランキング』を紹介!
男の履歴書 小泉孝太郎
イルカのように海中を泳げるアクティビティ『サブウイング』
男を磨け!長瀬漣のワンポイントテクニック!Vol.29
水中を自由に泳げる水中スクーター「WhiteShark MIX」
住まい・インテリア > インテリア・家具 > 日本人のために作られたオフィスチェアで快適なデスクワークを
日本人のために作られたオフィスチェアで快適なデスクワークを
株式会社オフィックスより、幅広くアジア人の体型にフィットする「ミドルサイズ」に設計されたオフィスチェア「Ergohuman Fit」が登場。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
快適にデスクワークできていますか?
デスクワークを快適に行うための重要なポイントは、身体にあった椅子を選ぶこと。
国外メーカーの椅子はグローバルサイズに作られているものが多く、私たちアジア人は大きく感じることが少なくありません。

8月7日より登場する「Ergohuman Fit」は、シリーズの中でも幅広くアジア人の体型にフィットする「ミドルサイズ」に設計されているため、日本人の体型にぴったり。

現代の日本人の平均身長は50年前と比較して約5p高くなっていますが、欧米人と比較すると、成人男性で6.2p、女性で6.3pの身長差があり、体格差は歴然としています。

日本人が欧米の規格で作られた椅子を大きく感じてしまうのは、むしろ、当然のことかもしれません。

また、どんなに正しい姿勢で座っていても、同じ姿勢をとり続けるほど 悪いことはありません。
「Ergohuman Fit」の「フレキシブルバックレスト」は、上半身の左右の動きに自然と追随することで1点荷重を防ぎ、動きの自由度を確保することができます。筋肉の硬直を柔らげ、血流を促進することで、ストレスも軽減されます。

エルゴヒューマンの特徴である「独立ランバーサポート」は、支持面が上下のみならず、前後・左右の三次元(3D)に動くので、座る人のあらゆる動きに反応し、背骨のS字カーブをサポート。



椅子の座り心地に最も影響を与えるのは、体重のほとんどがかかる「座面」です。
座面の硬さや形状のみならず、メッシュなのかクッションなのか、素材によって大きく左右されてしまいます。
通気性を優先する方はメッシュを、お尻が痛くなりやすい、フレームが食い込むなどの場合はクッションなど、座る方の「感覚的な好み」による影響も強く、どちらが座りやすいとは、一概には言えません。

「Ergohuman Fit」は、そんな感覚的な好みに合わせられるよう、「メッシュシート」と「クッションシート」の両方のタイプから選ぶことができます。

カラーバリエーションも豊富で、2タイプのフレーム(ホワイトフレーム、ブラックフレーム)、2タイプの座面(メッシュ、クッション)、2タイプの張り地(メッシュ/ファブリックメッシュ )は7色から選ぶことができます。


メーカー小売価格は113,076円(税込)。


座ってみればそのフィット感と、デスクワークのパフォーマンスが向上するのを実感できるのではないでしょうか。
オフィスチェアはほぼ毎日座るもの。デキる男はこれくらいこだわってもいいかもしれない。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。