サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
05月20日
偉大なる二枚目俳優「田村正和」の軌跡
05月18日
大阪上本町活性化プロジェクト
大阪の高品位な居抜き物件をご紹「射抜きNavi」
男を磨く情報TOP10
贅沢図鑑『サッカー・野球観戦』
女性和太鼓ユニット:びんか
世界一の『ワインコレクター』ミシェル=ジャック・シャスイユ
男の雑学!世界の謎【真実はコレだ!!】Vol.16
新・贅沢図鑑『最高級実印』編!
夏期休暇に訪れたい『人気の動物園ランキング』を紹介!
男の履歴書 小泉孝太郎
イルカのように海中を泳げるアクティビティ『サブウイング』
男を磨け!長瀬漣のワンポイントテクニック!Vol.29
水中を自由に泳げる水中スクーター「WhiteShark MIX」
ピックアップニュース > エンタメ > 岩崎宏美、バセドー病 橋本病だった 心臓バクバク、めまい…
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
歌手の岩崎宏美(56)が22日、フジテレビ系「ノンストップ!」(月-金曜、前9時50分)の取材に対して甲状腺障害で長年苦しんできたことを打ち明けた。



岩崎は2001年、突然体調を崩した。ダイエットもしていないのに体重がどんどん減り、「おかしいな」と思い始めた。

やがて「更年期に近いような症状で、汗が出たり、心臓がバクバクしたり、めまいがしたり、耳鳴りが出たり…」。検査したところ甲状腺ホルモンの異常によるバセドー病、橋本病と診断された。

一般的にバセドー病は動悸、息切れ、手足の震え、橋本病は顔のむくみ、皮膚の乾燥、体の冷えが主症状とされている。

岩崎はステージに立っても「息切れしたり、手が震えたり…マイク持って手が震えても、この人緊張してると思われるのに、(さらに)膝が笑う状態だったので、すごく不安でした」と苦しみながら歌ってきた。

今月25日にデビュー40周年を迎える。今も薬を飲み続けているが、岩崎は「持病の一つと思って上手に付き合っていきたい」とさらに長い付き合いを覚悟している。

引用元:goo ニュース


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。