Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
09月18日
大阪・南船場の人気店を集めた「センバる セプテンバーフェス」
09月05日
草K剛・市井昌秀監督 映画『台風家族』大阪舞台挨拶
ホビー&ライフ > 漫画に学ぶ男前 > 漫画に学ぶ男前 vol.1【ONEPIECE:ルフィ】
漫画に学ぶ男前 vol.1【ONEPIECE:ルフィ】
漫画から学ぶ「オトコマエ」の第1回目は、国民的大ヒット漫画『ONEPIECE』の主人公であるモンキー・D・ルフィの活躍の中から、「オトコマエ」なポイントを分析してみます!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
初めまして!漫画大好きインライフ編集のヤマセです。
今回からコラムを書くことになりました。よろしくお願いします。

ある時、先輩にこう言われました。
「インライフやってるなら、オマエもオトコマエになれ!」

オトコマエ・・・
そもそも男前ってどういうことなんでしょうか。
見た目がかっこいいのがオトコマエなんでしょうか。
紳士的な考えや、広い心を持っているのがオトコマエなんでしょうか。
まずはそこから勉強しないと!

ということで、さっそくいろんなオトコマエを勉強することにしました!

漫画で!!


漫画好きのボクはこれまでいろんな漫画やアニメを見てきました。
漫画は子供が見るものだと思っている方もいるかもしれませんが、僕は漫画で、生き方から、つまらない雑学まで…非常に多くのことを学びました。
日常では使わないであろう漢字や、英単語も学びました。
とにかく、漫画はいろんなことを教えてくれるわけです。
きっと「オトコマエとは何か」も漫画を読めば分かるというわけです!!

今回は第1回目ということで、国民的大ヒット漫画『ONEPIECE』のキャラクターから学ぼうと思います。

数多くのキャラクターが登場するONEPIECEですが、やはりこれだけの人気作品になったのは主人公であるモンキー・D・ルフィが魅力的であることに他ならないでしょう。

彼の持つ夢と、ゆるがぬ信念を胸に秘めた生き方は誰もが憧れ、かっこいいと感じるでしょう。そんなルフィの活躍の中から、いくつか名シーンをピックアップして「オトコマエ」なポイントを分析してみます!


「おれがなるって決めたんだからその為に闘って死ぬんなら別にいい」

○オトコマエポイント
こんなセリフ、平然と言えるでしょうか。
自分が決めた目標のためなら失敗して死んでしまってもそれは仕方ない。
それだけの覚悟を決めて夢に向かって突き進む姿勢はまさにオトコマエ!
覚悟を決めた男はどんな逆境も乗り越えて成長していくことができるでしょう。

「未来の海賊王の仲間がよ…情けねぇ顔すんじゃねェ!!!」

○オトコマエポイント
「海賊王になること」はルフィの夢です。このセリフは自分の夢が叶うことを確信していなければ出てこないセリフではないでしょうか。
『自分は必ず目的を達成するから、信じてついてこい』と、強いリーダーシップを感じる言葉です。自分の友達や仲間が困っている時に、こんなセリフを言えたらかっこいいですよね。

「ほらな 折れねぇ」

○オトコマエポイント
信念の象徴である海賊旗を折られようとした際に、大砲の爆撃からルフィが自ら爆撃を受け海賊旗を守ったシーン。
信念とは、やはり夢や目標です。言葉だけでなく、体を張って自分の心が折れないということを表した名シーンだと思います。

まとめ
ルフィは一貫して自分の信念を貫いており、どんなピンチや強敵にも自分の気持ちに常に正直で、何事にも正面からぶつかっていきます。社会のしがらみや世間体などについつい尻込みしてしまっている僕からはとても魅力的な生き方に感じ、その生き方こそが彼から学ぶ「オトコマエ」な部分ではないでしょうか。

この作品を購入する


LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。