Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
06月24日
近年の「肉」ブームに新規参入するお店をご紹介します!!
06月20日
映画『凪待ち』香取慎吾・白石和彌監督 舞台挨拶in大阪
今注目の馬肉料理!高級馬肉料理店「アズバード」
人物&インタビュー > 男の履歴書 > 男の履歴書 オダギリジョー
男の履歴書 オダギリジョー
オダギリジョー
名 前 オダギリジョー
出身地 岡山県津山市
生年月日 1976年2月16日
血液型 O型
趣 味 映画鑑賞 サッカー
特 技 英会話 ドラム

本名は小田切譲(読み方は一緒)。
表記が漢字ではなくカタカナなのは、「譲」だと「ゆずる」と読まれてしまうことがあるからだという。

母子家庭の出身。幼少期に映画館に預けられて育ったことがきっかけで、映画監督の道を志す。

高校卒業後、アメリカの大学に入学。その際、入学願書の記入ミスで監督志望から一転、俳優養成コースを受講してしまう。2年後、大学を休学し日本の俳優養成所に入所。本格的な俳優人生の始まりだった。


1999年、舞台『DREAM OF PASSION』で俳優デビュー。
2000年には『仮面ライダークウガ』の主人公を演じるなど、徐々に才覚を発揮。

映画初主演を果たした2003年の映画『アカルイミライ』以降、個性派映画俳優としての地位を築き、数多くの映画賞を受賞。

また俳優業だけでなく、ミュージシャンとしての活動や、『世界遺産』のナレーターを務めるなど多方面で活躍。

2007年には、女優の香椎由宇と結婚。ミステリアスな印象の強いオダギリの突然の結婚に、誰しもが驚いたに違いない。

2014 ドラマ「リバースエッジ 大川端探偵社」‐村木 役
ドラマ「アリスの棘」‐西門優介 役
2013 映画「舟を編む」‐西岡正志 役
大河ドラマ「八重の桜」‐新島襄 役
2012 映画「マイウェイ 12,000キロの真実」‐長谷川辰雄 役
2009 ドラマ「ぼくの妹」‐江上盟 役
映画「プラスティック・シティ」‐キリン 役
2007 映画「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」‐中川雅也/ボク 役
ドラマ「帰ってきた時効警察」‐霧山修一朗 役
2006 映画「ゆれる」‐早川猛 役
ドラマ「時効警察」‐霧山修一朗 役
2005 映画「メゾン・ド・ヒミコ」‐岸本春彦 役
映画「パッチギ!」‐坂崎 役
2003 映画「アカルイミライ」‐仁村雄二 役
ドラマ「ビギナー」‐羽佐間旬 役
2002 ドラマ「サトラレ」‐里見健一 役
2000 「仮面ライダークウガ」五代雄介/仮面ライダークウガ(声)役

今更語るまでもない、日本を代表する演技派の俳優の一人。
独特の存在感があるが、どんな役をやらせても絵になるのが、オダギリ最大の特徴だろう。

駆け出しの頃は爽やかで透明感のある役柄を演じていたが、出演作が増えていくにつれ、悪役からコミカルな役まで幅広くこなすようになる。一見、似合わないのでは?と感じる役も、オダギリジョーというフィルターを通すと、ハマってしまう。
奇抜なファッションセンスや髪型も、オダギリを語る上では外せない部分だ。

◎ オダギリジョーへの道
役作りを徹底して行う事でも知られている。

映画『マイウェイ 12,000キロの真実』では、マラソンランナーの谷川真理にフォームの矯正をしてもらい、猫ひろしと一緒に練習していたという。

また結婚し子供を授かったオダギリは、役作りに集中するためにホテル住まいをしている。しかし、子供と会う機会が少ないため、なかなか子供がなついてくれないという悩みを抱えているという。ミステリアスな雰囲気のオダギリからは想像出来ない、なんとも所帯染みた逸話だが、こういった新たな一面も徐々に見せてほしい。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。