Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
06月17日
男前へのトレーニング 第2弾「健康的な食事制限」
06月14日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.51
ファッション > メンズファッション > ネクタイの色・柄の選び方、オススメのブランドを紹介!
ネクタイの色・柄の選び方、オススメのブランドを紹介!
ネクタイ選びのコツ、基本的な色や柄の選び方や、オススメのブランドタイなどを大紹介!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
以前、インライフが行ったアンケート『スーツを着るときにこだわるポイントはどこ?』で、堂々1位に輝いたのが「ネクタイ」。個性をアピールしやすいことや、色・柄・素材・巻き方などに多大な選択肢があることが影響していると考えられる。今回は、ネクタイの色や柄の選び方や、オススメのネクタイブランドを紹介。





まずは「色」。

赤はパワーのある色として知られているはずだ。活気があり、積極的に自分を出したい時にオススメの色。

反対に青は相手を落ち着かせる効力がある。信頼感や冷静さ、知的な印象を与えたい時にオススメの色。

黄はユーモアを意味する色。明るい印象を与えるので、人とコミュニケーションを築きたい時に付けたい。

茶系色は自然界に多く存在する色なので、調和を連想させる。堅実さを求められるシチュエーションで身に付けるといいだろう。





次に「柄」。

無地のネクタイは良く言えば洗練された、悪く言えば無難な印象を与える。大抵のスーツには合うだろう。

意外にも、最もフォーマルな柄とされているのが、ピンドット(極少の水玉柄)。柄が小さいほど公式感が強まる小紋やドットは、どんな場面でも恥ずかしくない万能な柄と言える。

ストライプは若さや爽やかさを与える。拘りたいのが、ストライプの幅。顔が細い人はストライプの間隔が広いもの、丸顔の人は間隔が細いネクタイが似合うという部分を覚えてもらいたい。

フレンドリーなイメージを与えるチェック柄。派手すぎると敬遠しがちだが、トラッドなチェック柄は比較的どのような場面にも合わせやすい。


最後にオススメのネクタイをピックアップ。
安いネクタイを何本も買うよりも、万能で「軸」となるような大切な1本に投資する、といった心がけがネクタイを選ぶ上では重要だ。


Paul Smith



若者を中心に人気の高い『ポール・スミス』。フレッシュさのある明るい色使いが特徴的で、ストライプ柄を選ぶならこのブランドだ。


DUNHILL



ポール・スミスとは対照的に、大人の男性像が色濃いブランド『ダンヒル』。古びず飽きにくい洗練されたデザインが特徴的で、黒を基調とした落ち着いた色合いのネクタイを選ぶならこのブランドだ。


GIVENCHY



『ジバンシィ』は、クラシックかつシンプルで、エレガントな印象を与えるネクタイが多い。ハイセンスなデザインも特徴的で、ビジネスマンに人気のブランドだ。


Zegna



厳選された素材と、贅沢な縫製が特徴的な『ゼニア』のネクタイ。創業当初は、織物や布地を取り扱っていたブランドだけに、ツヤとヌメリ感に優れた生地質は流石の一言。


Versace



筆者が個人的にオススメしたいのが『ヴェルサーチ』のネクタイ。ヴェルサーチの日本法人、ヴェルサーチ・ジャパンが撤退してしまい、なかなか手に入りにくいアイテムが多いが、それでも根強い人気がある。どのネクタイにも、ヴェルサーチのロゴであるメデューサの刺繍がワンポイントで入り、シックな中にも遊び心を演出しているのが特徴だ。


LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。