Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
05月21日
OTOKOMAE NEWS〜男前ニュース〜Vol.64
05月18日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.36
OTOKOMAE NEWS〜男前ニュース〜Vol.63
スポーツ > スポーツ全般 > ソチオリンピックに出場する世界各国の男前を紹介!
ソチオリンピックに出場する世界各国の男前を紹介!
2014年ソチオリンピックに出場する男前をピックアップ!
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
記事トップ 口コミ一覧 口コミ投稿
いよいよ開幕したソチ冬季オリンピック。
そこで、インライフ編集部は出場する男子選手を対象に、超がつくほどの男前をリサーチ。
ここでは、特に編集部で注目している6名を紹介したいと思う。


まずは、開催国ロシアのスーパーヒーロー『アレクサンドル・オベチキン』選手(アイスホッケー)。


聖火リレーの第一走者を務めたことから、日本でも少し話題になったのでは?
圧倒的な得点力は勿論、男を感じる野獣のような鋭い眼光と、クシャっと笑う少年のような顔のギャップは凄まじい。


同じくアイスホッケーから、スウェーデン代表の『ヘンリック・ルンドクヴィスト』選手。


超絶ワイルド系の彼は、アメリカNHLの最優秀ゴールキーパーに選ばれたほどの実力者。セクシーさなら、ソチオリンピック1だろう。ガッチリと守られたい。


スノーボードにもイケメンは多い。オーストラリア代表の『アレックス・プリン』選手は、爽やか系のイケメン。


「プリン」という可愛らしい名前は、絶対に忘れられないし、そのルックスも忘れられないはずだ。


スウェーデン代表の『スヴェン・ソーグレン』もイケメンとして大注目。


ルンドクヴィスト選手と比べ、色白で爽やかな「ザ・北欧のイケメン」といった感じだ。


フィギュアスケート・ペアの『マキシム・トランコフ』選手(ロシア)は、日本でお馴染みの選手だろう。


背中に「勝」と書かれたタトゥーを入れていることで有名だ。


最後に日本人選手から『羽生結弦』。


まだ幼さを感じる20歳のイケメンは、ELLEが選ぶソチ五輪のイケメンとして、日本人で唯一選出された。


このほかにも、まだまだイケメン選手が数多く集結しているソチオリンピック。
しかし、一番の見所は、真剣に競技に打ち込んでいる選手全員の姿。それは真の男前だけが魅せられる、最高のパフォーマンスだ。


LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事
口コミ情報を投稿する
この記事を携帯で見る
この記事をブックマークする
店舗情報の間違いを報告
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。