Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
06月17日
男前へのトレーニング 第2弾「健康的な食事制限」
06月14日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.51
人物&インタビュー > 男の履歴書 > 男の履歴書 奥田民生
男の履歴書 奥田民生
奥田民生
名 前 奥田民生
出身地 広島県東区
生年月日 1965年5月12日
血液型 B型
特 技 アーチェリー

中学生の頃に初めてバンドを結成し、広島電子専門学校進学後も音楽活動を継続。当初は端でベースを弾いてたが、女の子がキャーキャー言い始めたため、引っぱり出されてフロントマンになったという。 25歳頃の民生の写真を持参していたファンにサインを求められ、さらさらとサインして「家宝にしてください」と渡す奥田。一緒にいたベテラン・ベーシスト小原礼氏(推定55歳)はその写真を見て「キムタクみてー!」と叫んだという。

1965年 広島県に生まれる
1980年 広島市立二葉中学校卒業
1983年 県立広島皆実高校卒業 広島電子専門学校中退
1986年 ユニコーン結成
1987年 上京し、アルバム「BOOM」でデビュー
1993年 ユニコーン解散
1994年 「愛のために」でソロデビュー
1996年 女性デュオPUFFYをプロデュース
1997年 井上陽水とコラボレーション
1998年 ギター1本で弾き語りライブツアーをする
2000年 大泉洋率いる「大泉バンド」のデビュー曲を手がける
2003年 真心ブラザーズのYO-KINGらと「O.P.KING」を結成
2006年 char、山崎まさよしらとのユニット「三人の侍」の全国ツアー

マイペースな感じですよね。一緒にいたらこっちまで引き込まれてしまいそうなくらいに。ひとことで言うなら自由と言う言葉がぴったりですね。釣りをする時間が欲しかったからバンドをやめたというくらいなので、実際のところかなりの自由人なのだと思います。彼のように自分の色を持っていて、それを表に出していける男性に女性は弱いのかもしれません。

◎ 奥田民生への道
ユニコーン時代を駆け抜け、そして今も尚、人生を歌い手として駆け抜けている。ファンも大事にするが、なによりも自分のペースを崩さない。その奥田民生ワールドに巻き込まれてしまう人も多いと思う。彼を好きな人は多いけど、嫌いという人には出会ったことがない。彼に近付くには、人に流されないことが第一条件だ。時には逆流し、時には自分の流れに人を巻き込む。見方によってはワガママで自己中かもしれないが、憎めないキャラクターだと思う。

  ・オフィシャルサイト http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/ot/
履歴書フッタ

はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。