サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
11月13日
現在の美容医療を取材!クリニック特集!vol.2
11月06日
フットバッグに挑戦!!
男を磨く情報TOP10
男のファッション講座〜#12コロナウイルス・花粉対策〜
フットバッグに挑戦!!
漫画に学ぶ男前 vol.62【鬼滅の刃:竈門炭治郎】
新・贅沢図鑑『珍しい肉』編!
第十回『映画に出てくる男前なお酒ランキングベスト5』
簡単にできる隠し扉の制作【大人の秘密基地】
新・贅沢図鑑『最高級ティーカップ』編!
独占!!ホビーショップ「ジャングル 空想的機械館-メカストア-」
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
贅沢図鑑『丹波松茸』編!
人物&インタビュー > 男の履歴書 > 男の履歴書 本郷奏多
男の履歴書 本郷奏多
本郷奏多
名 前 本郷奏多
出身地 宮城県仙台市
生年月日 1990年11月15日
血液型 O型
趣 味 ゲーム 音楽鑑賞 ギター ベース
特 技 写真撮影

幼稚園の頃より宮城県仙台市に所在の「仙台SOSモデルエージェンシー(現:モラドカンパニー)」でキッズモデルとして活動。

10歳の時にジャニーズ事務所の公開オーディションを受けるも、最終選考で惜しくも落選。

その後、スターダストプロモーションに所属。
2002年、映画『リターナー』において、俳優デビュー。主演の金城武演じる「ミヤモト」の幼少時代を本郷は演じた。

2003年には、個性派ミュージシャンのGacktと、L’Arc〜en〜Cielのボーカルhydeが出演し話題を呼んだ『MOON CHILD』に出演。この時の共演をきっかけに、hydeやGacktとはメールのやりとりをするほどの仲になる。

2005年、映画『HINOKIO』で、14歳で初主演を果たす。
2006年は、『テニスの王子様』や『NANA2』など、人気漫画の実写版に出演。

プライベートでは、日本大学芸術学部写真学科を卒業。
心が安らぐ時は愛犬の“らみ”(フランス語で友だちを意味するL’amiから)と一緒にいる時だという。

子役出身だからか、年頃の中学生・高校生を演じているイメージの多い本郷も今年で24歳。今は大人の俳優として、進化をしている真っ最中だ。

2014 ドラマ「なぞの転校生」‐山沢典夫 役
2013 ドラマ「リアル鬼ごっこ THE ORIGIN」‐佐藤翼 役
2011 映画「GANTZ」‐西丈一郎 役
映画「GANTZ PERFECT ANSWER」‐西丈一郎 役
2010 ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」‐和泉岳 役
2008 ドラマ「正義の味方」‐岡本陸 役
2006 映画「テニスの王子様」‐越前リョーマ 役(主演)
映画「NANA2」‐岡崎真一/シン 役
2005 映画「HINOKIO」‐岩本覚 役(主演)
2003 映画「MOON CHILD」‐ショウ(幼少期) 役
2002 映画「リターナー」‐ミヤモト(幼少期) 役

クールな表情が特徴的な本郷。
特に鋭い眼光は、観る者を引き付ける魅力を持っている。

前述の『テニスの王子様』や『NANA2』の他に、『GANTZ』や『未来日記-ANOTHER:WORLD-』などの漫画が原作の作品に多数出演している。その背景に、本郷のクールビューティーなルックスや、華奢な体つきという2次元的な魅力があるからに他ならない。

◎ 本郷奏多への道
演技力の高さも魅力的だ。
スリルある役柄、冷徹で残虐性の高い役柄が本郷にはハマっている。

漫画を実写化するに際にどうしても噴出してしまう問題として、「キャラクターを演じれる役者なのか?」という部分だろうが、本郷は軒並み高評価を得ている。

幼少の頃から鍛えられた繊細な演技力に、2次元的ビジュアル。例えば冷酷非道なエリート商社マン役や、完全無欠の理系男性教師役など、知的でクールな大人を演じている本郷を今後みてみたい。
天才子役から、大人のイケメン俳優へとブレイクを遂げるのか、要注目の若手イケメン俳優だ。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。