Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
10月11日
映画『ガリーボーイ』オリジナルグッズプレゼント
10月10日
映画『楽園』綾野剛、佐藤浩市、瀬々敬久監督が登壇 大阪舞台挨拶
人物&インタビュー > 男の履歴書 > 男の履歴書 成宮寛貴
男の履歴書 成宮寛貴
成宮寛貴
名 前 成宮寛貴
出身地 東京都
生年月日 1982年9月14日
血液型 A型
趣 味 料理 音楽鑑賞 映画観賞

2000年に宮本亜門演出の舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』で俳優デビュー。翌2001年に『溺れる魚』で映画デビューを果たし、2002年にドラマ『ごくせん』の野田猛役として出演。ドラマのヒットと共に、成宮の名前が視聴者に広く知れ渡る。

2003年のドラマ『高校教師』、映画『あずみ』以降は、テレビでの活動と並行しつつ、映画俳優としての活動を継続していく。

2005年には、女性誌『anan』でオールヌードを披露。大きな話題を呼んだ。この年は他にも第29回エランドール賞新人賞や、スワロフスキーの主催による「CRYSTALLIZED STYLE AWARD」で「クリスタルのごとく洗練された輝きと創造性を有するセレブリティ」として受賞するなど、芸能界を代表する若手イケメン俳優へと成長を遂げる。

2010年、ドラマ『ヤンキー君とメガネちゃん』では主人公の高校2年生・品川大地役を27歳にして演じる。同作品は成宮にとっては初の地上波連続ドラマ単独主演作だった。
2011年3月21日放送の『風の少年〜尾崎豊 永遠の伝説〜』では尾崎豊を演じる。ドラマ内での尾崎の曲を全て成宮自身が歌った。

2012年10月10日から放送のテレビドラマ『相棒』に三代目相棒として出演。寺脇康文、及川光博、の後を受け継いだ新米刑事の活躍が様になってきている。

2012 「相棒 season11」‐甲斐享 役
2010 ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」‐品川大地 役
2008 ドラマ「ハチミツとクローバー」‐森田忍 役
2007 ドラマ「華麗なる一族」‐一之瀬四々彦 役
2006 大河ドラマ「功名が辻」‐豊臣秀次 役
2003 ドラマ「TRICK(第2期)」‐岸本誠一 役
ドラマ「高校教師」‐上谷悠次 役
2002 ドラマ「ごくせん 第1シリーズ」‐野田猛 役
大河ドラマ「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」‐前田利政 役
2000 舞台「滅びかけた人類、その愛の本質とは…」出演

単純にカッコイイ。中性的でフェミニンな顔立ち、髪を明るくすればチャラく見えるし、黒にすれば真面目な好青年に変身。30歳を超え渋みが増すかと思いきや、ヤンチャな少年っぽさがまだまだ残る。

成宮曰く「今まで付き合ったことのある人は全て年上」とカミングアウト。そうだろうな、だって年上女性の母性本能を擽りそうなルックスだもんな。笑った時の口角の上がり具合が、個人的に成宮のチャームポイントだと思う。

◎ 成宮寛貴への道
チャラく見えると評価したが、実は母子家庭の出身で、母も成宮が中学生の時に他界。祖母と弟と3人で決して裕福ではない暮らしをしていた。弟の学費の為に、成宮は高校には進学せずバイトをしていた。その後芸能界に入り、一家の大黒柱として家計を支え、弟の大学進学費用も全て出したという。

なんという家族愛だろうか…。
いい男の条件として、家族に優しいというのは大切な要素。家族の為に若き日の成宮がとった行動には、ただただ感服するばかりだ。

簡単に学べるものではない成宮のその行動力。しばらく連絡を取っていない家族に電話をかけたくなった。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。