サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
04月01日
男のファッション講座〜#8スーツに合わせるアイテム〜
03月25日
女性和太鼓ユニット:びんか
男を磨く情報TOP10
女性和太鼓ユニット:びんか
男のファッション講座〜#8スーツに合わせるアイテム〜
キン肉マン消しゴム&SDガンダム消しゴム【JUNGLE Youtu部】
秘密基地ライフ 1階コレクションルーム編【大人の秘密基地】
MASASHI no 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.62
男のファッション講座〜#7季節ごとのスーツの着こなし〜
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
モテる紳士の肉体改造〜50代からの男の体づくり〔自重トレーニング〕
簡単にできる隠し扉の制作【大人の秘密基地】
ミニプラ&スーパーミニプラ【JUNGLE Youtu部】
人物&インタビュー > 男の履歴書 > 男の履歴書 柴田恭兵
男の履歴書 柴田恭兵
柴田恭兵
名 前 柴田恭兵
出身地 静岡県清水市
生年月日 1951年8月18日
血液型 AB型
趣 味 野球 ゴルフ

日本大学経済学部を卒業後、サラリーマンを経て、1975年に東京キッドブラザースに入団。舞台『十月は黄昏の国』でデビューし舞台俳優として活動する。
1977年『大都会 PARTII』でテレビ初出演。
翌年には、連続テレビドラマへの初レギュラー出演となる『大追跡』に滝本刑事役で出演。

柴田の人気を決定的にしたのが、1986年の大ヒットドラマ『あぶない刑事』だろう。柴田は、主演「大下勇次(ユージ)」役で大ブレイク。コミカルな動きや、キザなセリフが視聴者に特大のインパクトを与えた。特に「ユージ」や、舘ひろしが演じたハードボイルドな「鷹山敏樹(タカ)」を子供時代に観た男性は、刑事という職業に相当な憧れを持ったことだろう。

以降も『はみだし刑事情熱系』シリーズなどをヒットさせるなど毎年のように連続ドラマの主演を務め、連ドラ主演数は20本を超える。

2006年の7月に初期の肺癌と診断され、摘出手術を受けた。8月中旬に退院し一時自宅療養後、12月にドラマ『ハゲタカ』の撮影で復帰。60歳を超えた現在でも第一線で輝き続けるスーパースターだ。

2005 第28回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞受賞(『半落ち』)
高崎映画祭 最優秀助演男優賞受賞(『半落ち』)
1994 第18回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞受賞(『集団左遷』)
1992 オリーブ映画祭 オリーブ大賞受賞
1987 第10回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞受賞(『野蛮人のように』『道』)
1984 第14回ベストドレッサー賞 芸能部門賞受賞
1980 エランドール賞 新人賞

俳優として、青年期の頃はスピード感があり、フットワークの軽いつかみ所のないキャラクターで一世風靡した。「あぶない刑事」に代表されるように、とにかく走る。

壮年期以降からは、渋みをグッと増し、重厚・熱血といったキャラクターを演じることも多くなっており、幅広い演技をこなせる実力派俳優となった。

◎ 柴田恭兵への道
趣味は野球。草野球チームに所属しており、多い時で4チームに加入している。役者は身体が資本なのだろう。今でもスラッとした体型に、時としてコミカルな動作を入れたりする部分は、いい意味でまだ気持ちが若い証拠だ。

他に「ポジティブな思考が若さの秘訣」だそうで、事故でケガしても「これくらいでよかったって思った方がいい」と語っている。

柴田のような歳の重ね方は、男性の憧れだろう。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。