Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
02月27日
男前の愛車『シトロエン』
02月15日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.50
人物&インタビュー > 男の履歴書 > 男の履歴書 早乙女太一
男の履歴書 早乙女太一
早乙女太一
名 前 早乙女太一
出身地 福岡県北九州市
生年月日 1991年9月24日
血液型 B型

本名は西村太一(にしむらたいち)

ニックネームは「流し目王子」

福岡県北九州市出身。
「葵劇団」の劇団員の両親のもとに生まれ、幼少期から劇団員として育つ。
初舞台は1995年、4歳の時。

銀幕デビューは2003年公開の『座頭市』。芸者姉妹の妹(弟)おせいの子供時代を演じた。
小学生の頃から北野武に役者として目をつけられており、それがきっかけで、北野作品に起用された。

2005年には『TAKESHIS’』で本人の芸名でもある、早乙女太一役を演じた。

2007年、当時15歳だった早乙女を取り上げたフジテレビ系ドキュメンタリー番組『Dのゲキジョー』が放送。舞踊劇の主役を務める裏側で、苦悩する姿や座員を引っ張っていく姿などが話題を呼んだ。

現在も女形として舞台に立つほか、俳優、タレントとしても活躍している。

2013 『クローズEXPLODE』 加賀美遼平役
『少年H』 下山幸吉役
2005 『TAKESHIS’』 早乙女太一役
2003 『座頭市』 おせい幼少役

篠山紀信がその美貌に惚れ込み、女には気をつけるよう注意したと言われているが、それも頷ける程の美貌の持ち主だ。それだけでなく、幼少期から芸の世界に身を置き、苦悩しながらも成長し、現在は劇団朱雀の二代目として活躍する姿を女性が放っておくわけがない。

◎ 早乙女太一への道
かつて恋人の西山茉希と路上で喧嘩したことが週刊誌で報道され、ダーティーなイメージがついたかと思ったが、その西山とは後に復縁。更に結婚までした。男女間の問題は様々あると思うが、あのような形での報道のあとに結婚というケジメをつけるあたり、早乙女の幼い頃から培われた舞台度胸を感じた。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。