Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
02月15日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.50
02月01日
映画『半世界』稲垣吾郎・阪本順治監督 舞台挨拶in大阪
人物&インタビュー > 男の履歴書 > 男の履歴書 綾野剛
男の履歴書 綾野剛
綾野剛
名 前 綾野剛
出身地 岐阜県
生年月日 1982年1月26日
血液型 A型
趣 味 写真撮影、ギター
特 技 陸上競技

高校卒業と同時に上京。
モデルやバンド活動を経て、2003年に『仮面ライダー555』で俳優デビューを果たす。

2006年に中野裕之監督の『全速力海岸』に主演。全ての楽曲の作詞作曲も担当するなど、バンド活動をしていたために、出演作品の音楽を手がける事も多い。

2007年、長編では初主演の映画『Life』が公開される。同作品では、自身の役作りの為に楽曲を書き下ろしたが、監督がその楽曲を気に入り音楽監督を兼任することとなった。サウンドトラック及び同CDのジャケットデザイン、綾野自らの衣装も担当し、アーティスト、クリエイターとしての一面も見せた。

2012年『連続テレビ小説・カーネーション』では長崎弁で話す紳士服職人を演じる。ヒロインの恋人役ということもあり、一気に世間の認知度を広めた。

2013年は、大河ドラマ 八重の桜に出演を果たすなど、現在ブレイク中の個性派俳優だ。

2013 ドラマ『最高の離婚』で東京ドラマアウォード2013・助演男優賞を受賞
2009 映画『クローズZERO II』に出演
2007 『Life』で映画初主演
2006 『イヌゴエ』でテレビドラマ初主演
2003 『仮面ライダー555』で俳優デビュー

とてもミステリアスな俳優だ。
俳優業だけでなく、音楽やファッションなどクリエイティブな活動をするのも、よりミステリアスさに拍車をかけている。

幼少期には両親が共働きだったために家に独りでいることが多く、押入れの中に自分の好きなものを持ち込んで、常に入っていたという。

ミステリアスだ。

◎ 綾野剛への道
上記のような孤独な幼少期を過ごした影響かはわからないが、インタビュー等で「人生に、充実感を感じた事がない」など、少し乾いた発言をしたりする。

一方で「愛は愛でしか処方できない」と発言するなど、情熱的な側面も持ち合わせているようだ。

“冷静と情熱の間で揺れている”といったところか…。

このような人物像だからこそ、スクリーン上で様々な役柄を見事に演じ分ける事ができるのだろう。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。