Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
10月11日
映画『ガリーボーイ』オリジナルグッズプレゼント
10月10日
映画『楽園』綾野剛、佐藤浩市、瀬々敬久監督が登壇 大阪舞台挨拶
人物&インタビュー > 男の履歴書 > 男の履歴書 宮藤官九郎
男の履歴書 宮藤官九郎
宮藤官九郎
名 前 宮藤官九郎
出身地 宮崎県
生年月日 1970年7月19日
血液型 O

実家は文具店を経営している。
幼少期から文才があり、作文コンクールで数々の賞を受賞する。
ミステリー執筆中、犯人を簡単に見破られてしまって公園の噴水で頭を冷やしているのを妻に見つかったり、街で変わった人を見つけたら尾行したりと変わったところが多い。
宮城県の高校から日本大学藝術学部放送学科に進学して中退。
中退後は構成作家として活動する。
1995年、25歳で俳優の阿部サダヲ、村杉蝉之介とコントパンクバンド『グループ魂』を結成。2005年には「君にジュースを買ってあげる♥」で第56回NHK紅白歌合戦出場。
作家としては「読売文学賞」「日本アカデミー賞最優秀脚本賞」などを受賞している傍らで紅白に出たりラジオパーソナリティとして「オールナイトニッポン」のMCをしたり幅広く活躍している。映画では「GO」「ピンポン」「木更津キャッツアイ」など若さと青春が溢れる作風で手腕を発揮しており、最近ではNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を手がけたりしている。

2014 映画「土竜の唄」
2013 映画「中学生円山」監督、脚本
映画「謝罪の王様」
NHK連続テレビ小説「あまちゃん」
「オールナイトニッポン」ラジオパーソナリティ
2007 映画「舞妓Haaaan!!!」日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞
2001 映画「GO」 読売文学賞受賞 日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞

帽子がトレードマークの若者風ファッションの作家、宮藤官九郎。
作家らしからぬ格好でクドカンとも呼ばれており、作家とは言いがたいラフな雰囲気が漂っている。
オンリーワンでありながらも人々を熱狂させ、感動させる脚本を書き続けており、天才という声も多くきかれる。
その反面、コントパンクバンド『グループ魂』では奇抜な格好をしてロックを演奏しており、前例にないアバンギャルドな生き方をしている。

◎ 宮藤官九郎への道
メインは物書きだが文筆業だけにとどまらず、多種多様な仕事をこなしている。なので、露出も多く、謎な部分は少ないが、前述してきたようにアーティスティックな一面を多く持つ。個性的だがアクの強さはなく、笑顔も印象的なので男女共に嫌いな人は少ないのではないだろうか。人畜無害そうないいお兄さんだけど実はセレブで凄い人というギャップが素晴らしい。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。