Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
あらゆる角度から男前を追求!男を磨く情報サイト インライフ
フリーワード検索
難波に甦る吸血鬼の館 コンセプトレストランALUCARD(アルカード)
インライフ新着情報
11月24日
ライカ京都店だけのオリジナルカメラバッグが登場!
11月20日
コーヒー3杯分のカフェインが1本で摂れるコーヒー登場
人物&インタビュー > 男の履歴書 > 男の履歴書 古田新太
男の履歴書 古田新太
古田新太
名 前 古田新太
出身地 兵庫県神戸市
生年月日 1965年12月3日
血液型 O型
特 技 ジャズダンス クラシックバレエ

大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科ミュージカルコース在学中に秋浜悟史に師事。劇団『太陽族』に所属していたが、大学の先輩である渡辺いっけいに誘われて劇団『劇団☆新感線』公演『宇宙防衛軍ヒデマロ』に出演。現在でも『新感線』の看板俳優として活躍中。
読売テレビのコント番組にて『劇団そとばこまち』の槍魔栗三助(現在の生瀬勝久)や羽野晶紀らとレギュラー出演して評判を呼ぶ。ラジオ番組『オールナイトニッポン』のパーソナリティを務めるなどして全国区に進出。
舞台以外にもテレビドラマ、バラエティにも多数出演しており、タレント、声優、ラジオパーソナリティ、また雑誌のコラムを手がけたり、俳優の活動にこだわらず様々なジャンルで活躍している。
オフの時に呼び出されたりする事を嫌って、携帯電話は持っておらずアナログ人間の側面も持つ。

2013 ドラマ『あまちゃん』荒巻太一役
2006 映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』オジー役
2005 ドラマ『タイガー&ドラゴン』上方まるお役
2003 映画『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』オジー役
2002 ドラマ『木更津キャッツアイ』オジー役
2000 ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』ヘビーE役
1999 ドラマ『元禄繚乱』山村屋金兵衛役
1991 バラエティ番組『未確認飛行・ぶっとい』出演
1990 バラエティ番組『ムイミダス』出演
1989 バラエティ番組『現代用語の基礎体力』出演

コミカルな役でもシリアスな役でも演じてみせる。演技の幅は無限大なのではなかろうか。
当時出演中だった「木更津キャッツアイ」を舞台の仕事で途中降板せざるをえなくなり、脚本の変更を願い出たら自身の最期のシーンがドラマの代表的なシーンとなる引きの強さも持っている。
若い頃から女性問題や離婚の危機などをメディアに書きたてられる事もあったが、実際は家族思いでありトーク番組で嬉々として娘の事を語る一面もある。

◎ 古田新太への道
学生時代から劇団に所属し演技力を磨き上げてきた。若い頃からの長い努力が今も彼の礎になっている。
更に抜群のトークセンスでバラエティやラジオでその才能を発揮しているように、彼の話術には参考にする価値がある。
ベテランと呼ばれる域に達しても他人の芝居や演劇に強い関心を持ち、新しい見せ方を自身へフィードバックしていこうとする様は見習うべきであろう。


Shareする (facebook) mixiチェック はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
数百年の時を経て、西心斎橋に蘇るドラキュラ伝説…。ダイニング「アルカード」
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。