Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
02月15日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.50
02月01日
映画『半世界』稲垣吾郎・阪本順治監督 舞台挨拶in大阪
人物&インタビュー > 男の履歴書 > 男の履歴書 松重豊
男の履歴書 松重豊
松重豊
名 前 松重豊
出身地 福岡県
生年月日 1963年1月19日
血液型 AB
趣 味 釣り、家電製品
特 技 ブログ

父親の酒癖が悪く、暴力の耐えない一家の一人っ子として育つ。
大学時代に中華料理屋のバイトで甲本ヒロトと知り合い、今でも交流がある。
188cmと長身で自衛官を目指していたこともあって大きい。その上、強面でもあり悪役やヤクザ役などヒールな役が多い。
明治大学文学部で演劇学を専攻していたのでどちらかと言えばインテリ派である。
「しゃべれども しゃべれども」では毎日映画コンクール 助演男優賞を受賞しており実力派俳優として知られる。

1982年 明治大学文学科入学
1986年 劇団『蜷川スタジオ』入団
2007年 第62回 毎日映画コンクール 助演男優賞 (『しゃべれども しゃべれども』 - 湯河原太一 役)
2008年 ヨコハマ映画祭 助演男優賞(『ディア・ドクター』)
2013年 ドラマ『俺俺』刑事 阿久根役
2013年 ドラマ『孤独のグルメ』主演 井之頭五郎役

大学卒業後にテレビドラマ、映画、Vシネマ、CM、ナレーションといった仕事をこなすが困窮して1年間俳優を辞める。その間、建設会社で現場作業員として正社員として勤めていた。
しかし、実力を認められていた為に誘いがあって復帰。日頃からいい仕事をしていたから引退を引き止められた。復帰したからこそ今の活躍があるわけで、継続は力なりだと知らされる。
44歳から独学でブログを開設したり、炊飯器に強いこだわりを持っていたり、意外とデジタル派である反面、田んぼで家庭園芸をしており、激しい振れ幅に驚かされる。TVや映画で見る彼とのギャップが凄い。

◎ 松重豊への道
冷酷残忍な役では怖い。コミカルな役ではおもしろい。
ノーマルな役はあまり見ないが、毎回違うチャンネルの個性的な演技が印象的。
記憶に残るキャラクターは1回1回の仕事を全力でやり切っているからではなかろうか。
彼のような個性的な男前を目指すのであればまずは全力を学ぶこと。そして評価されなかったとしても続けることだ。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。