Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
あらゆる角度から男前を追求!男を磨く情報サイト インライフ
フリーワード検索
難波に甦る吸血鬼の館 コンセプトレストランALUCARD(アルカード)
インライフ新着情報
04月24日
母の日に贈るオススメのプレゼントを紹介!
「エナジードリンクを飲むタイミング」 ランキング
『サルヴァトーレ フェラガモ』公式オンラインストアがオープン!
04月23日
男の履歴書 大東駿介
世界66カ国で愛されるプレミアムガソリンが日本に上陸!
タミヤからドゥカティの精巧なプラモデルが登場!
特集 > 男の履歴書DX 「西島秀俊」
男の履歴書DX
西島秀俊
氏 名 西島秀俊
ふりがな にしじまひでとし
出身地 東京都
生年月日 1971年3月29日
血液型 A型
身 長 178cm

プロフィール
俳優。デビュー当初はアイドル的存在としてトレンディドラマに多く出演。
93年、木村拓也主演のテレビドラマ『あすなろ白書』で、筒井道隆演じる掛井に恋する同性愛者役を好演、脚光を浴びる。
その後は、新進気鋭監督による単館系の映画作品に多く出演し、個性派&実力派俳優としての地位を不動のものに。
近年は、メジャー映画やテレビドラマの主演、準主演も多くこなし、映画宣伝絡みによるバラエティ番組の出演も目立っている。

バイオグラフィ
1989年 桐明中学・高等学校卒業
1989年 横浜国立大学生産工学部入学、後に中退
1992年 東京アクターズスタジオ第一期生に。 テレビドラマ『はぐれ刑事純情派5』で本格的に俳優デビュー
1994年 映画『居酒屋ゆうれい』でスクリーンデビュー
1999年 映画『ニンゲン合格(※1)』で第9回日本映画プロフェッショナル大賞・主演男優賞を受賞
2005年 映画『帰郷(※2)』で第15回日本映画プロフェッショナル大賞・主演男優賞、第20回高崎映画祭・最優秀主演男優賞をダブル受賞
2009年 映画『休暇(※3)』で第30回ヨコハマ映画祭・助演男優賞を受賞

EPISODE
・ デビュー当時は渡辺プロダクションに所属。アイドル俳優として売り出されていたが、息の長い役者を目指したかった西島が、民放系連ドラをしばらく出ないことを条件に同事務所を退職。そのため、数年間は単館系の映画にしか出演していなかったらしい。
・ 小さい頃から映画が好きで、映画に関わる仕事がしたいと公言していたところ、先輩の薦めで受けたオーディションに合格し俳優業に。どちらかというと裏方志望だったが、現在はもっぱら俳優業に夢中。監督をやってみたいという憧れも今はなし。
・ 映画好きは今も変わらず。DVDでなく映画館で見る主義。撮影の合間にでも時間があれば、映画館へ出かけているらしい。
・ 大の現場好き。出番がなくても現場にいるので、たまにスタッフから邪魔扱いされることもあるらしい。
・ 端正な顔立ちだけでなく、引き締まった体つきも高ポイント。10年公開映画、辻仁成原作、中山美穂主演の『サヨナライツカ』では、13キロの増量(老後シーンのため)後、1カ月で15kgの減量に臨んだ肉体美は虜になった女性ファン多し!!

ここが男前
14歳で交通事故に遭い10年間昏睡状態だったという主人公役。24歳でありながら、中身は14歳という難しい役処を好演し、第9回日本映画プロフェッショナル大賞の主演男優賞を受賞。
かつての恋人のアパートに置き去りにされた娘と共に母親を探す小さな旅物語。「自分の子かもしれない」という理由で、母親探しにつきあうちょっとトボケた姿は、素では!?と思わせるほど自然な演技。
休暇を得るために絞首刑の補佐役を志望した小林薫演じる中年刑務官と、西島演じる死刑囚の姿を淡々と描く。 死刑執行日を宣告された西島の鬼気迫る演技は見事。 観る人の心に「死刑」について深く考えさせる迫力を持つ。

もっとよく知る動画リンク
グータンヌーボ新春初告白スペシャル http://www.youtube.com/watch?v=0TXb-WE0urs
西島秀俊×中原昌也 http://www.youtube.com/watch?v=m4YQhMhcLxY
西島秀俊 朗読 http://www.youtube.com/watch?v=-6-Hln3WiVs

総合評価
唯一無二の存在感にヤラれてる女子ファン多し!
西島秀俊 顔もいいし、スタイルもいいし、声もいい。イケメン俳優としてデビューしておきながら、その地位に甘んじることなく、アングラな世界で演技派俳優として一から実力を磨きあげたその姿勢は男前そのもの! しかも中年に差し掛かっても、見た目の良さは失われないままというのがサスガ。どんな役柄も器用にこなす演技力、そして、どんな役柄でも放たれる唯一無二な存在感は、業界からの評価が高く、特に女性監督からの出演オファーがかなり目立つ。「演技は監督の言う通りにやる」という姿勢だけに、作品ごとに違う彼の演技は、まさに女性監督の色に染まった姿なのかも!? 必然的に映画好きな女性ファンが多いのも納得だ。女性にモテたいなら彼が演じる男を研究するのも手かもしれない。 西島秀俊に学ぶ男前への道
数百年の時を経て、西心斎橋に蘇るドラキュラ伝説…。ダイニング「アルカード」
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
dy>